もし、今から独立したらどうやって営業しますか?

「もし、今から独立したらどうやって営業しますか?」

独立開業系のセミナーで講師にこの質問をする方が多い気がします。
聞いても意味ないと思うのだけど…
だって、あなたはあなた、講師は講師、ですからね。

講師が、今からはじめた場合の話を聞いてもおそらく無意味でしょう。
おそらく、その講師が話した営業手法を実行する方は皆無でしょうから。

とはいえ、「私ならどうするかなあ」なんて考えてみました。
たぶん、参考になりません。

他士業に会いまくる

私がもし今独立するなら間違いなく人に会いまくります。
それもできれば「他士業」です。

税理士、行政書士、弁護士。
司法書士と親和性が高い他士業はこの3つ。

この3士業に会いまくるでしょう。
交流会にも顔を出す。場合によっては朝活にも顔を出す。

それで、人脈が増えてきたら自分が交流会を主催する。
最後は主催。主催までやらないとそれまで人にたくさん会ってきた意味が半減します。

ほら、合コンも幹事が一番おいしいって言うじゃないですか。(知らんけど)
とにかく、士業の仕事は「人と人とを介して発生する仕事がほとんど」です。

もうこれでもかというくらい人に会えばきっと仕事は増えるはず。
失うものも少なくないかもしれませんが。

ブログやSNSをこまめに書く

ただ人に会いまくるのもいいのですが、できれば情報発信しておくといいでしょう。
ブログは毎日。フェイスブックだってランチだろうが飲み会だろうがこまめに投稿。
アクティブな印象を与えることでマイナスになることはないでしょう。

人に会う⇒ブログ・SNS⇒人に会う⇒ブログ・SNS⇒人に会う

これだけでもいいスパイラルが生まれるのじゃないでしょうか。
実は私も独立前後は交流会にかなり顔を出していて、ブログやSNSに投稿していました。
その結果「交流会に行けばりょーきさんに会える」というよくわからないフレコミまでできてしまいました笑

とはいえマイナスではありませんでした。
もちろん、「仕事くれモード全開or仕事ないオーラ全開」だとドン引きされるでしょうが。

会ったばかりのひとは、意外とブログやフェイスブックを見てくれます。
逆に言えば、そのときに何も発信していないと二度と見てくれない可能性も。

こまめな情報発信は大事です。

魅力的なプロフィールを作る

そして、プロフィール。
実績がなくてもプロフィール。

過去の栄光などを総動員して“おもしろい”プロフィールを作ります。
「なぜ司法書士を目指したのか」を熱く書いてもいいでしょう。

誰だって、つまらない人間よりも、おもしろい人間と仕事をしたい。
これは仕方がないと思うのです。

この際、仕事に関係ないことでも相手に覚えてもらったら勝ちです。
ひきこもりだろうが、アタック25だろうが、25kgダイエットだろうが、覚えてもらえばいい。

話はそれからだ。

さいごに

以前、著名な税理士の先生が講師のときに、行政書士の受講者が質問をしました。
「もし、◯◯先生が行政書士だったらどうしますか?」

その答えがめちゃめちゃおもしろかった。

「10年かけてでも税理士資格を取る」
その場はなかなかな空気になりましたけど、私は「なるほど~」なんて思ったり。

質疑応答っておもしろいですよね。

それまで完ぺきだった講師がシドロモドロしてしまったり。
どうでもいい質問して時間を無駄にする受講者がいたり。
ひとりで5つくらい一度に質問して場が「どよどよ」ってなったり。

質疑応答は生っぽくて好きな時間です。

「もし、今から独立したらどうやって営業しますか?」

私には聞かないでください笑
どうせ今から独立しないし…。

毎週木曜日朝8時メールマガジン『週刊リョウキジ』配信中!

類似の記事:

人気の記事:

はてなブックマーク - もし、今から独立したらどうやって営業しますか?
Pocket