受任できなかった報告こそ信頼感が増していく

毎日仕事をしているとたくさんの報告をいただきます。
また、私も報告をたくさんしています。

それで、報告について気が付いた点があります。
見積もりの依頼や、今度◯◯の案件をお願いするかもしれません、というまだ未確定の案件の紹介。

受任に至れば当然ご紹介という流れになるのですが、受任に至らなかったとき。
「以前お願いした見積もりの件ですが、先方の都合で話が流れてしまいました」
「以前ちらっとお伝えした案件ですが、別の先生にお願いするようになったみたいです」

という報告をいただくことが実はあまりありません。
見積もりを出しっぱなしで「あれ、あの案件そういえばどうなった?」ということは日常茶飯事じゃないでしょうか。

受任できなかったから報告しづらい

おそらく「受任できなかったから報告しづらい」のかなと思います。
「せっかく見積もりまで作ってもらったのに悪いな…」

しかし、受任できなかった報告。
いただいた方はどう思うでしょうか。
もしくは、見積もりを出したのに以後音信不通になるのはどう思うでしょうか。

実際に私も受任できなかった報告をいただくことは多いのですが、とてもありがたいと感じます。
逆に私もお願いするかもしれない旨を事前に伝えていた案件については必ず報告するようにしています。

今でこそ、毎日それなりに忙しくさせていただいてますが、開業当時はやはり時間を持て余していました。
そんなときにいただく見積もり依頼は飛び付くほどほしい案件だったりします。

しかし、その後音信不通…。
「あの件、どうなりました?」とはこっちから聞きづらい。
売り上げとして当てにしていたからヤキモキ…。

だから、ハッキリしてほしいと勝手ながら思いました。
「その仕事、やるの?やらないの?どっち!?」みたいな。

“見積もりの既読スルー”は売り上げが不安定な時期にはつらいものがあります。

見積もりは出すけど全然仕事にならない

よく同じひとで見積もりの依頼はしてくれるけど、全然仕事にならないというケースもあります。
この場合はもう当てにしない方がいいでしょう。
場合によっては見積もり自体を拒否する勇気も必要です。

このような場合、その見積もりが「相見積もりの材料」に使われてしまっている場合も否定できないからです。
自分の事務所名が記載された見積書。
これがまさか他に流れてしまっているなんて想像できないかもしれないでしょうが、よくあります。

理由は、他事務所の見積もりを提示されて「ここより安くしてほしい」という見積もり依頼が実際にあるからです。
私がこの方法で見積もり依頼をされた場合は必ず“その事務所の方がいい”という旨をお伝えしてお断りします。
このようなクライアントを守る必要性はまったくなく、むしろ同業者を守りたいからです。

現在は必ず事前に見積もりをお伝えする時代になりました。
私が司法書士事務所に入所した平成15年頃はまだ見積もりという概念はほとんどありませんでした。

クライアントの側に「司法書士の先生に見積もりなんて」という意識が少なからずあったような気がします。
今では考えられないのですが。

いずれにしても、見積書は「自分の事務所名で提示する重要な文書」であることは認識した方がよいでしょう。
誰の目に触れるかわからないのですから。

さいごに

お仕事をいただく。
こんなありがたいことはありません。
見積もりの時点でお話をいただくだけでもありがたい話です。

しかし、あまりにも「見積書」というものを安易に考えすぎている気がします。
お客様にとってははじめに提示された見積もりが基準になります。
たかが見積もり、されで見積もり。

受任したいがためにむやみやたらに価格を下げると痛い目に遭います。
見積もり依頼が来たからといって受任できる保証はどこにもありません。

受任できなかったとしてもちゃんと報告してくれる。
私が長いお付き合いをさせていただいてる方々はみなさん例外なくそうです。
私も完ぺきではありませんが、そうできるように努力しています。
※余裕がなくてできなかったときがあったかもしれませんが、どうかご容赦を…

「よくない報告ほど早くした方がいい」とはよく言われるもの。
勇気を出して報告することで信頼感が増していくはずです。

毎週木曜日朝8時メールマガジン『週刊リョウキジ』配信中!

類似の記事:

人気の記事:

はてなブックマーク - 受任できなかった報告こそ信頼感が増していく
Pocket