私がウェブ集客に消極的なたったひとつの理由

ウェブ集客。
ウェブサイトを作って、広告を打って、問い合わせ(電話)をいただく。
これです。

士業の集客でも王道になりました。
10年前はまだ事務所サイトすら存在しなかったのがほとんどの時代。
時が経つのは早いものです…

それでこのウェブ集客。
以前は私も仕事を獲得していかなければ食っていけなかったので、積極的にウェブ集客をしていた時期がありました。
具体的には業務特化型サイトを作ってリスティング広告を出す。
これだけでそれなりに問い合わせが来たものです。

現状は都内に関しては競合がかなり多いので広告予算がかなりかかるようになりました。
費用対効果が望めなくなったのは紛れもない事実だと思います。

それでもまだまだ新規で仕事を獲得しようと思ったらメインの手法になるであろうウェブ集客。
おそらく私はもうやらないでしょう。

関係性ができていないひとからいきなり電話が来るのがイヤ

ブログやメルマガでもお伝えしていますが、私はとにかく電話が苦手です。
番号が登録してある知人・友人ならまったく問題ないのですが、知らない相手だとめちゃくちゃストレスを感じます。
「この仕事向いてないんじゃないか」と悩んだこともありましたが、それくらい苦手です。

だから、そもそも知らない相手から電話が来るウェブ集客はやっちゃダメだったんです笑
まあでもそんなことは言ってられないとやりましたが…
やはりダメでした。

自分自身と向き合った結果、電話をなるべく使わない手法に切り替えることに。
今の時代、電話じゃなくても情報の伝達はリアルタイムでそれなりにできるようになりましたし。

知らないひとから急に電話が来るってやはり慣れません。
表向きは当然社会人なのでちゃんと振る舞うことはできますが、精神的な疲労はかなりあるようです。
大げさかもしれませんが、こういうひともいるということで。

電話ってたいていタイミングが悪い

ひとり事務所なので電話は私しか出ません。
秘書代行サービスは一時期使用していたが、結局やり取りが面倒で解約しました。
電話のやり取り自体を減らせばいいよね、と。

それで電話がかかってくるタイミングなのですが、どうして間が悪いのでしょうか。

電車やバスで移動中。
打ち合わせ中。
トイレ。ご飯。
電話中。

それで折り返すと今度は相手が出られない。
その繰り返し。

別に電話じゃなくていいっしょ笑

「電話の方が早く伝えられる」と思う方は多いでしょうが今の時代、そんなことはありません。
LINEやMessenger、チャットワーク、メールの方が早いです。(私の場合は間違いなく)

電話は、相手の時間をいただくことにもなるので注意が必要なツールになったと個人的には思います。
これだけ他の手段が整備された時代です。
社会人としてのマナーも時代の変化に合わせる必要があるでしょう。

さいごに

ひとり事務所ならもうこれで充分でしょう。

【スマホで03発着信!スタートアップに最適なスマホ用電話アプリ『ShaMo! by nifty』】
http://www.nifty.com/biz/shamo/interview/interview_7.html

私で恐縮です笑

たまに固定電話に電話して不在のときにすぐに携帯に電話する方がいらっしゃいますが、私に関してはどっちにしてもスマホに着信するので意味がないことをお伝えしておきます。
そして、知らない番号で留守電にメッセージがない場合は折り返しません。
知り合いなら折り返しますけど、知り合いでもないのに留守電にメッセージ残さないって嫌がらせでしかないと思うのですがみなさんはいかがでしょうか…

毎週木曜日朝8時メールマガジン『週刊リョウキジ』配信中!

類似の記事:

人気の記事:

はてなブックマーク - 私がウェブ集客に消極的なたったひとつの理由
Pocket