メルマガが勝手に送られてきても許せるのは相手が大好きな有名人のときだけ

名刺交換すると送られてくるメルマガ。
買い物すると送られてくるメルマガ。
記憶にないけど送られてくるメルマガ。

「こんなに役に立ちそうなメルマガを頼んでもいないのに送ってくれるなんて優しい♪ ありがとう♪」なんて思ったことはたったの一度もありません。
それでもなぜこんなに送られてくるのでしょうか。

私もメルマガを配信していますが、勝手に配信することはありません。
また登録していただいてもすぐに配信解除ができる設定にしています。
これは配信側としては当然の配慮でありマナーです。

送られてきて嬉しいのは大好きな有名人だけです。
といっても送られてきたことはないですけどね。

なぜ、勝手に送られてくると迷惑なのか

理由は凄く単純なのですが、メールアドレスは「メルマガを読むために存在しているわけではない」ということです。
あくまで仕事上のやり取りを行うためのツール。(最近はプライベートで使うひとは少ないですよね)

だから、メールを受信するとまずは「仕事のメールかな」と判断します。
それなのにメールを開いてみたらメルマガだから「何だこのやろう」となる。

これは「玄関のピンポンが鳴ったから出てみたら飛び込み営業でした」というのとあまり変わりがありません。
出てみたら大好きな有名人だったら嬉しいと思いますが、そんなことはあるはずもなく。
ありえるとしたらヨネスケがデカイしゃもじを持って立っているくらいです。

メールアドレスは仕事上のやり取りをするためのツール。
この大前提を忘れてはいけないと思うのです。

必要な情報かどうかは自分が選びたい

押し付けの情報に価値があるとは思えません。
本当に役に立つ情報なら自分から能動的にその情報を取得しに行きます。
ですから「そのための仕組みを作ればいいのに」と思います。

名刺交換した相手への配信や、業者から購入したアドレスへの配信は、その手間を省いているだけといっても言い過ぎではないでしょう。
よほど誰が見ても役に立つ情報じゃない限りスパム扱いされることは目に見えてます。

毎日ブログを更新し、役に立つ情報を発信することで「このひとの発信する情報がもっとほしい」と思ってくれれば、自然とメルマガだって登録してくれるはずです。

そのひとの情報が役に立つかどうかの判断もさせずに勝手に送りつけるのは、ポストに投函される役に立たないチラシやDMと対して違いがありません。

情報の取捨選択は誰だって能動的に行いたいものです。

知人だと逆に冷める

私は自分から登録していないのに知人から勝手にメルマガが届くと冷めます。
仲の良さによっても違いますが「メルマガはじめたから興味あれば読んで」とリンクをもらえれば登録するのに、と。
結局、コミュニケーションは「一対一」が基本です。
それが「一対多」になっても「一対一」がいくつもあるだけだと私は思います。

だからこそ、「一対多」になった瞬間すべての手間を省かれると冷めてしまうわけです。
これはFacebookのイベント機能にも言えます。

友達一斉発信で招待されるイベントと、一人ひとりメッセージを添えて招待されるイベント。
どっちがたくさん参加者が多いイベントになるかは言うまでもないですね。

「知人だからメルマガを送っても大丈夫だろう」と思うのかもしれませんが、知人だからこそ大切に丁寧に扱うべきだと思います。

さいごに

私はメルマガ用のメールアドレスを用意しています。
だから、仕事用のメールアドレスを勝手に登録されるとイヤなんですよね。
楽天も買い物をするとたくさんメルマガが配信されるので楽天用のメールアドレスを利用しています。

つまり、使い分けをしています。
使い分けをしている方は多いと思います。
私の場合はフォルダ分けもしているのでなおさら。

勝手に送るなら、相手にとって100%役に立つ自信があるなら送ってくださいと言いたい。
「ワンクリックで解除できるから大丈夫」というのは配信側の都合でしかない。

他人の家に勝手に入らないのといっしょで、メールボックスに入るのも本来は同意がいるはず。
名刺交換したからとか、知り合いだからという理由でそれが許されるかというとそんなことはないですよね。

たかがメルマガなんですけどね。しかし、その行為で信頼を損なう可能性もある。
仕事を増やしたくてはじめたメルマガなのに、信頼を損ねたら本末転倒になっちゃいますよ。

毎週木曜日朝8時メールマガジン『週刊リョウキジ』配信中!

類似の記事:

人気の記事:

はてなブックマーク - メルマガが勝手に送られてきても許せるのは相手が大好きな有名人のときだけ
Pocket