「登記のミカタ」を商標登録した3つの理由

当事務所名である「司法書士事務所登記のミカタ」
実は「登記のミカタ」は商標登録しています。

わざわざ商標登録までするネーミングなのか。
今日は登録した理由について。

権利意識の高さをアピール

商標登録をすると「®」(マルアール)の記号が使用できます。
『Registered』の頭文字であるRのことです。
見たことある方も多いと思います。

このマークは見るひとが見れば登録商標であることがわかります。
事務所ロゴにもちゃんと「®」は表記していますので、何度か触れられたこともあります。
「ちゃんと商標登録されてるんですね~」

登記のミカタ

経験を伝えることができる

商標登録を代理申請できる士業は弁理士になります。
登録を考えているかたは弁理士にご相談ください。

私はというと、自分でやりました。
「できないことはできるひとに頼め」と言っている私ですが、自分でやることに意味がありましたので自分でやりました。

そもそも手続きの大変さが自分でもよくわかっているからこそ、誰かにやってもらうありがたみがわかります。
確定申告もそうですが、はじめから税理士に丸投げするよりは、自分でやる経験があったほうがいいと私は思います。

商標登録については実はよく聞かれます。
私は弁理士ではないので相談に乗るのにも限界があります。(業際の問題)
ただ、自分の経験を伝えることはOKだと思うので、経験だけお伝えするようにしています。

【この本を参考にしました】

権利の保護

もちろん商標登録本来の意味である、権利の保護にもなります。
「そんなネーミング誰も真似しないよ」と言われそうですが誰も真似しない保証はどこにもありません。

国家資格者たる士業は法律に携わる職業として一般的には倫理意識が高そうと思われている職業だと思いますが、「パクリ」についての意識はハッキリ言って低いです。

ウェブサイトの文章を丸々コピーされたという話もよく耳にします。
私も以前ウェブサイトのデザインや販促ツールについて真似というかそのまま使用された経験があります。

共通して言えることは彼(彼女)らには「悪意がない」ということです。
悪いことをしているという認識がまったくない。

だから、悪質と言ってしまえばそれまでですが、「自分の権利は自分で守る」しか選択肢はないのです。

さいごに

今年春にも一件商標登録の申請を行いました。
もうそろそろ登録の予定です。
※原則的には審査に半年弱ほど時間がかかります。

私の場合は権利保護だけが登録の目的ではないので自分でやりましたが、一般的には弁理士に依頼したほうがいいでしょう。
商標登録の費用も以前よりはリーズナブルになった印象です。

ちなみに登記のミカタの「ミカタ」ですが3つの意味が込められています。

「見方」⇒様々な視点から物事を見て専門家としての判断を下す
「味方」⇒お客様やご紹介者の味方
「三方」⇒売り手(司法書士)よし・買い手(お客様)よし・世間(社会全体)よしの近江商人の考え方を登記にも活かしたい

ネーミングを考えるのは大好きです。
ひとつの言葉に複数の意味を持たせるのが私の得意分野かもしれません。

考えてほしいかたはお気軽にどうぞ。

毎週木曜日朝8時メールマガジン『週刊リョウキジ』配信中!

類似の記事:

人気の記事:

はてなブックマーク - 「登記のミカタ」を商標登録した3つの理由
Pocket