祖母が長生きしている2つの理由

地元栗駒に祖母が二人まだ健在ですが、今日は父方の祖母の話を。
大正15年生まれなので今年90歳になりました。
今年6月に帰省したときに久々に顔を見ましたが耳は相変わらず遠いけどまだまだ元気そう。
そんな祖母ですが、なぜ長生きができているのか理由を考えてみました。

好きなアーティストがいる

祖母は自他共に認めるSMAPのファンです。
特に中居くんが大好き。
テレビ欄が掲載されている週刊誌を毎週購入し、SMAPが出る番組をすべてチェックしています。

以前、誕生日にLIVEDVDをプレゼントしたことがあったのですが、エンドレスで見ていたそうです。
SMAPがテレビに出ない日はありませんから、祖母は毎日テレビの前。
身体を動かすことをまったくしない祖母ではありますが、長生きには“ときめき”の方が重要なのかもしれません。

とはいえ、現状のSMAPを見ていてさぞかし悲しがっているかもしれませんが…。

食べたいものを食べたいときに食べる

祖母はなかなかの偏食です。
好きな食べ物はどん兵衛、カップヌードルにペヤング。
コーラも飲みます。

そして食べたくなったら食べる。
身体に良い物を食べているところをそういえば見たことがないくらい。
「おら、こいづ好かねー」はよく耳にするフレーズです。
(私、これはあまり好きじゃない的な意味)

考えてみれば、食べたいときに食べたいものを食べるという行為はかなり幸せな行為といえます。
健康を気にしてガマンするのは逆に良くないのかもしれません。

さいごに

結論からいうと祖母はストレスがないのだと思います。
自宅にほぼ引きこもっているので外部の人間関係に煩わされることもありません。
父や母、兄にもいつも奥せず文句を言っています。

運動もしない。ラーメンが好き。寝っ転がってテレビを見る。
考えるだけでどこかおかしくなりそうな日々の生活ですが、元気に長生きしています。

結局「好きなことをしているのが一番幸せ」なのだろうな。
と思わずにはいられません。

毎週木曜日朝8時メールマガジン『週刊リョウキジ』配信中!

類似の記事:

人気の記事:

はてなブックマーク - 祖母が長生きしている2つの理由
Pocket