なぜ、また東京マラソンに出るのか

『東京マラソン2017』に出場することになりました。
まさかの二年連続の当選です。

東京マラソン2017

倍率を考えると二年連続当選する確率って1%を切ってるような…。

【こちらは前回のブログ記事】
マラソンど素人の私でも『東京マラソン2016』を完走できたたったひとつの理由
⇒ http://ryoki-blog.net/2016/03/entry5286.html

「次回も申し込もう!」
これは完走したときに決めました。

なぜ、また出たいと思ったのか

「ゴールに到達する」という当たり前の体験ができたからです。
目標を達成することで得られるものはたくさんあります。

ひとつは自信。

マラソンと仕事とは関連性がないといえばない。
しかし、私にとってフルマラソンの完走というのは雲をつかむような話でした。

それがやってみたら完走できた。
「なんだ、無理だと思うことでもやってみればできるじゃん」

この経験で私のリミッターが解除されたことはいうまでもありません。
仕事にも活かされています。

起業家や経営者でマラソンをやるひとが多いのはこういうことなのかな、と感じました。
「自信を持つ」ということは生きるうえで非常に重要な能力です。

どんな体験であれ、「ゴールに着く」という体験は数多くしたいものです。

そしてもうひとつは、ビッグイベントに当事者として参加することでわかることがあるということ。

同じイベントでも外から見ているのと、中から見るのでは全然違う。
これだけたくさんのひとで支えられているのだな、ということを参加して感じました。

これは仕事でも同じ。

ひとつの仕事に関わっている人間は実は思っているより多い。
法人登記をメインにしていると、対社長とのやり取りも多いのですが、当然その法人には社員がいる。
そしてその法人のクライアントがいる。株主がいる。債権者がいる。

考えれば考えるほどキリがありませんが事実です。
誰の支えで会社が存在するのか。誰の支えで自分が生きていられるのか。
そのことを改めて見直すいいきっかけになりました。

さいごに

前回は6時間30分という足切りギリギリのタイム。
今回はしっかり準備をして臨みたいと思います。

毎週木曜日朝8時メールマガジン『週刊リョウキジ』配信中!

類似の記事:

人気の記事:

はてなブックマーク - なぜ、また東京マラソンに出るのか
Pocket