「時給」よりも「永給」を大切にしたい

私が大切にしている考え方があります。
それは…

「時給」よりも「永給」を大切にする。

「経営者は時給換算しなきゃ」

「私は時給に換算すると5万円だから一時間あたりの相談料は5万円」
「だから、時給換算して割に合わない仕事は受けません」

至極真っ当な考え方だと思います。
士業やコンサルタントなど労働集約型のビジネスの場合は特に重要な考え方。
動くだけ動いてタダ働きということも少なくありません。

ある程度、仕事をコンスタントに受注できるようになると、必ずこの“時給換算”という考え方が現実的になってきます。
しかし、仕事ってそんな一時間何万円の考え方だけでいいのか、というとそんな風には思いません。

盲目的な時給換算は、目の前にいる“人間”をおろそかにしてしまい、目先の利益だけにとらわれてしまいがちになります。

「時給」よりも「永給」

私が大切にしているのが「永給」です。
「時給」が一時間あたりの金額なら、「永給」は人生(永久)においての金額です。

この仕事、今はお金にならないかもしれないけど、自分の人生を考えてみたらもの凄いプラスになるんじゃないか。
そんな仕事、ありますよね。

そのときに「割に合わないから受けない」という選択をしてしまうと、もの凄い損失です。
もしかしたら自分の人生を考えると何千万、何億になるかもしれない。
場合によっては金額に換算できないプライスレスな価値かもしれない。

それを“時給換算”という目先の利益だけで判断して、逃してしまうのは非常にもったいないと思うのです。
やはり、ビジネスは人間が行うものですから、時給にこだわらずに判断したいものです。

さいごに

私は自分の時給を考えたことがありません。
前述のとおり、あまり考える意味を感じないからです。

たまに自分の時給を公開している経営者をお見受けします。
あの意図は何でしょうか。

「俺の時給は◯万円だから、それ以下の仕事は持ってくるなよ」
ということを伝えたいのでしょうか。

自分の中で時給の概念を持っておくことは大切だと思いますが、果たしてそれを公開してどうするのだろう。
人生何があるかわからないのに、将来お金がなくなって仕事に困ったときにどうするのだろうか。

「私の時給は以前は◯万円でしたが、業績不調により△万円に下がりました。どうか仕事を!」
って絶対言わないと思うし、言ったところで鼻で笑われるだけです。

商品やサービスの価格は明朗な方がいい場合もあるので当然に公開していいと思いますが、自分の価値(価格)を自分で公開するのは少し慎重にしたほうがいいのかなと、個人的には思います。

毎週木曜日朝8時メールマガジン『週刊リョウキジ』配信中!

類似の記事:

人気の記事:

はてなブックマーク - 「時給」よりも「永給」を大切にしたい
Pocket