資金調達を気にする前に売り上げよう

100万円。手に入ったら誰でも嬉しいですよね。
でもその100万円をどのようにして手に入れたのか。

経営ではこれが重要になります。
今日はこの「100万円」を“起業”という視点から見てみましょう。

親からもらった「100万円」

親から資金の贈与を受けるということは往々にしてあります。
でも起業するのに親を頼っていていいのでしょうか。
親からしたら「すねかじりのくせに何が起業だ」とボヤかれそうです。
親に頼っているうちは起業はできても続けることは難しいかもしれません。
だってまた資金がなくなったら頼るのでしょうから。

助成金・補助金で「100万円」

これは起業時や創業時にはよくあることです。
「もらえるものならもらいたい」
この気持ちは非常によくわかります。

しかし、起業する目的は何でしょうか。
起業家の仕事とは一体何でしょうか。
たまに、補助金や助成金をもらうことに躍起になっている起業家をお見受けします。
それでは本来の補助金や助成金を支給する目的にはかないません。

自分でやる時間は本業に費やし、専門家に依頼するのがベストな選択だと思います。
返さなくていいお金ですから、そこはサポートしてもらい、自分は本業に集中しましょう。

融資で「100万円」

こちらは返済の必要がある資金。
私も経験済みです。
借りるのもそれなりに大変ですが、返済も大変です。

しかし、融資を受けた経験は必ず将来に役立ちます。
起業家向けのサービスを提供している方なら経験があるかないかは大きい差になります。
資金調達というのは起業家・経営者なら誰もが避けて通ることができないテーマだからです。

補助金や助成金を受けた経験は、正直自分の経営に役に立つとは思えませんが、融資は別。
経営に関する筋力は相当に鍛えられるはずです。

無借金経営はとても立派なことですが、金融機関から借りられる信用力というのもそれと同じくらい立派なことだと私は考えます。

投資として「100万円」

出資をしてもらうのも資金調達の重要な手段です。
融資ではなく出資なので返済の必要はありません。
株式会社の場合は「株主」としての地位を与えることになります。

これもなかなかハードです。
できたばかりの実績がない、わけがわからない会社に大事なお金を出資するはずがありません。
そして、出資してもらうのも当然ハードですが、株主になるわけですから経営に口を出す権利もあります。

「出資してもらったワ~イ(^○^)」と喜んでいる場合ではありません。
株主にもしっかりとメリットを享受させる義務が経営者にはあります。
返さなくていいからという安易な理由で出資してもらうのは後々に大きな遺恨を残すことにもなりますので注意しましょう。

しかし、投資家と良好な関係が築ければ、会社としてうまく回っていくのは言うまでもありません。

クラウドファンディングも一種の出資でしょうか。
出資してもらうためには理念や目的の共有が必須です。
心が動かないものにひとは“一円だって”払いたいとは思わないでしょう。

売上として「100万円」

結局一番は売上です。
「100万円を売り上げた」
この事実が自信となり、実績となり、次につながります。

売上を上げることがすべてだと私は思います。
売上があるから会社は生きていける、社員も生きていける、顧客も家族も幸せにできる。
本当にこれしかない。

だから、ここまでいろいろな資金調達の方法を見てきましたが「まずは売上作ろうよ」と思うわけです。
どんなに楽な方法でお金を得ようとしたって最後は売上。
売上、売上、売上。

売上です笑 売上!

さいごに

私は売上至上主義です。
補助金とか融資とか考えるひまがあるならとりあえず売り上げましょうと笑

最近楽して稼ごうとするひとが多い気がします。
補助金もお金目当て。

違う。断じて違う。
売り上げない限り何の社会貢献にもなっていない。
売り上げない限り納税もできない。

だから、売り上げよう。
お客様が喜んでお金を払ってもらえる商品やサービスをつくり、売り上げよう。

売り上げよう!

毎週木曜日朝8時メールマガジン『週刊リョウキジ』配信中!

類似の記事:

人気の記事:

はてなブックマーク - 資金調達を気にする前に売り上げよう
Pocket