『顧客の十戒』でビジネスの基本に戻る

今日は『顧客の十戒』について。

『顧客の十戒』については以前Facebookで紹介したことがあるのですが、いつも反響が大きいので今日はブログにて。
まずはご覧いただきましょう。

顧客の十戒

【一】私には、選ぶ権利があります。
しかし、あなたから買う義務はありません。

【二】私は満足したいのです。
満ち足りることができれば、どこの何の商品であっても構いません。

【三】私は、何か得したいと思っています。
あなたに得させる目的で買おうとは思いません。

【四】私は常に、あなたから買おうか、他から買おうか、迷っています。
あなたから買う理由がなければ、私は他から買うかも知れません。

【五】私は自動販売機から買うのではありません。人間から買うのです。
私も、お金を払う支払機ではありません。

【六】金の切れ目が縁の切れ目といいます。
あなたが欲しいのは顧客なのか、売上金なのか、私は見抜きます。

【七】私をだまさないで下さい。
もし、だまされたと知ったとき、私は絶対あなたを許さないでしょう。

【八】あなたのことを忘れても、私を責めないで下さい。
自分と家族のことは忘れませんが、他人のことは忘れてしまいます。

【九】私は人間ですから、理性と感情があります。
知らないものは警戒しますし、買っていいかどうか不安です。

【十】私に24時間必要なものは、空気と健康だけです。
それ以外は、必要なときに、必要なだけあれば充分です。

いかがでしょう。ビジネスをされている方なら思うところがあるのじゃないでしょうか。
私が『顧客の十戒』をはじめて読んだのは東日本大震災後のお金が一番ない時期でした。
心臓が“ギューッ”となったのが今でも忘れられません。
それ以来、定期的に見ています。いわば私のビジネスの原点です。

※出展はこちらです。小笠原氏ご本人より掲載許諾をいただいております。
現在は『新約・顧客の十戒』もあるようです。
http://0gasawara.blogspot.jp/2014/03/10kai.html

ビジネスはすべて人間

「BtoB」とか「BtoC」とか安易に使いがちですが、ビジネスをやるのは人間です。
商品を売る相手も人間だし、サービスを提供する相手も人間です。
「IT」だ「ネットビジネス」だとかなり前から言われていますが、やはりやるのは人間です。
「AIに仕事が奪われる!」と叫んでいたって、そのAIを使うのも人間。

結局は人間の感情や心情、気持ちがわからないとビジネスはできません。
『顧客の十戒』はその基本中の基本を思い出させてくれます。

ある程度、仕事が順調に進むようになり、売上も安定してくると、“一人ひとりの感情”を疎かにしがちじゃないですか?
あなたの“今”があるのは、その一人ひとりのおかげかもしれないのに。

さいごに

自分が顧客の立場になったときのことを想像すればわかるのですが、お客さんってワガママですよね。
それでも、「このお店いいな」とか「このひといいな」と思えば結構お金って使っちゃいます。
しかも喜んで使っちゃう。

それもすべて自分の感情を満たしてくれるからなんですよね。
やはり「機械的な対応」や「マニュアルっぽい対応」をされたときに不満に思うことが多いもの。

「BtoB」や「BtoC」の視点はもちろんビジネス上重要な視点ですが、どんなビジネスであれ「One to One」を心がけたいものです。

毎週木曜日朝8時メールマガジン『週刊リョウキジ』配信中!

類似の記事:

人気の記事:

はてなブックマーク - 『顧客の十戒』でビジネスの基本に戻る
Pocket