不安との戦いに勝つための唯一の方法

最後の更新から四ヶ月。
またつらつらと書くことにしました。
(メルマガは毎週木曜日にコツコツと配信していました。記事末尾に登録フォームがあります。)

この四ヶ月間だけでも充分に濃い時間でした。
充電期間としては申し分ないです。
特に更新頻度は定めず「書きたいときに書きたいことを書く」
そんなスタンスで再開します。

休止している期間。
司法書士としての方向性が定まりました。
今後はそのゴールに向かうようなブログになっていくことでしょう。

自分の可能性に確信を持って、発信していきます。

不安との戦い

「不安」というのは誰でも抱えるものだと思います。
私も常に不安と戦っています。
なくなることはありません。

売り上げが減ったらどうしよう。
取引先から切られたらどうしよう。
クレームが入ったらどうしよう。
明日会うひとが何を考えているかわからないひとだったらどうしよう。

挙げればキリがない。
でも不安。考えても仕方がない。でも不安。

では、そもそもなんで不安なんだろう?
という疑問が湧くわけです。

不安、不安、不安。不安なのはわかった。
じゃあその不安の正体は何なのよ。

不安の正体

私が出した結論は「知らない」ということ。
不安の正体は「知らない」ことだと思うのです。

売り上げが上がらなくて不安
⇒売り上げの上げ方がわからないから

取引先から切られそうで不安
⇒取引先の選択基準がわからないから

クレームが入るか不安
⇒お客様が満足したかわからないから

会う予定のひとがどんなひとか不安
⇒どんなひとかわからないから

すべて「知らない」からです。

人間関係の不安もそうじゃないでしょうか。

相手に彼氏(彼女)がいるか不安
自分を受け入れてくれるか不安
みんなと仲良くできるか不安
今日おごってくれるか不安笑

不安は不知から来ているのです。

不安解消大作戦

ここまで来れば不安対策はわかりますよね。
知らないから不安なのだから「知る努力」をするということになります。
「不安、不安」と叫んでいても、この「知る努力」をしていないひとが実に多い。

不安の正体が不知なのだから、知ることができればその不安は解消されます。

売り上げを上げるためにはどうすればいいか。
⇒経営の勉強をする、売り上げを上げている先輩に聞く

取引先から切られる不安はどうすればいいか
⇒取引先を増やしてリスクヘッジをする

クレームが入らないようにするにはどうすればいいか
⇒お客様アンケートの実施やアフターフォローを充実させる

まだ会ってないひとへの不安はどうすればいいか
⇒相手も同じ不安を抱えていると考え、ベクトルを自分から相手に向けてあげる

不安の正体を知る努力をすれば、すべてとはいかないまでも解消することは可能です。

「不安だ、不安だ」と周りが見えなくなっているときは、一度客観的に不安の正体を見るようにしてみてください。
知ってみれば意外とたいしたことはないかもしれません。

知らないなら知るためにはどうすればいいか。
調べればいいのか、相手に直接聞けばいいのか。
方法も意外と単純なものです。

不安に直面しているときの対策としてこの本が大変参考になりますのでぜひ。

さいごに

不安の正体を知ることが不安解消への方法とお伝えしましたが、実は根本的な問題があります。
実は、不安というのは自分にしかベクトルが向いていない状態なのです。
「どうしよう、どうしよう…。◯◯だったらどうしよう。」

失敗、後悔、迷い。すべてベクトルは自分です。
このベクトルを自分以外に向けるとどうでしょう。

目の前にいる相手、友人、恋人、家族、クライアント、社会…。
不安とかそんなこと言ってらんないんですよね。

とはいえ、不安は付き物ですよね、にんげんだもの。

毎週木曜日朝8時メールマガジン『週刊リョウキジ』配信中!

類似の記事:

人気の記事:

はてなブックマーク - 不安との戦いに勝つための唯一の方法
Pocket