「todoリスト」なんかやめて「todon’tリスト」をやろう。

「todoリスト」はもうすでにみなさまご存知でしょう。
私も一時期使っていました。
ですが、もうまったく使っていません。

「まだこんなにタスク残ってるじゃん…」って結構憂鬱になるのですよ。
本来やるべきことなわけですが、タスクを消化することが“どこか作業的”になるのでやめました。
仕事は楽しくやりたいものです。

「todoリストやめたら何をやらなくちゃいけないかわからなくなりませんか?」
と聞かれそうですが、私は自分のキャパシティをちゃんと認識しているつもりなので大丈夫です。
やり忘れたなどの失態は一度もありません。

ていうか、あのリスト見ているとゲンナリするのですよ。
なんか強迫観念に駆られたみたいで…。
仕事は楽しくやりたいものです。

「そんなtodoリストに支配された生き方なんかイヤ!」
というわけでやめた現在、やめてよかったと心底実感しております。

…で。

そんな、ひとりで細々と司法書士事務所を営んでいる私ですが、「todon’tリスト」なるものがあることを耳にしました。

素晴らしき「todon’tリスト」

「todoリスト」がやるべきことリストなら「todon’tリスト」はやるべきではないリスト。
いいですね。
“やるべき”って言われるとやりたくなくなる天邪鬼な私にぴったりです。
だからといって、“やるべきではない”と言われたからといって逆にやりたいとは思わない。
天邪鬼とはそういうものです(たぶん)

そんな「todon’tリスト」ですが具体的にどんな感じのリストになるでしょうか。
私がちゃんと作るとしたらこんな感じかな(作ってないんかいというツッコミはto don’t)

□ 移動中にSNSは見ない
□ ◯万円以下のお仕事は受けない
□ 傷の舐め合いのような飲み会に行かない
□ 値下げの要求を無条件に飲まない
□ 専門外の相談を中途半端に受けない
□ ネガティブな言葉を連発しない

思い付く限りではこんな感じでしょうか。
「todoリスト」との一番の違いは“消化しないこと”でしょうか。
「今はやっているけど、本当はやりたくないこと」などリストが増えていくことによってどんどん楽しい人生になっていきそうです。
(リョウキジにはめずらしい自己啓発チックな表現)

みなさんも本当はやりたくないことってたくさんあるじゃないですか。
それをリストにすればいいんです。で、それをやらないようにしていく。
毎日毎日毎日毎日増殖する「todoリスト」より、よっぽど価値があると思うんですよね。

「todon’tリスト」オススメです!

毎週木曜日朝8時メールマガジン『週刊リョウキジ』配信中!

類似の記事:

人気の記事:

はてなブックマーク - 「todoリスト」なんかやめて「todon’tリスト」をやろう。
Pocket