値切られるということは「お前にそんな価値はない」と言われたということ。

値付けって大変ですよね。
サービス業の場合、特に大変です。

フリーになって何が大変か。
私が一番大変だと感じたのは価格を決めることでした。

正直言って今でも大変です。
見積もりを出すときは今でも緊張します。

あのドキドキは体験したひとじゃないとわからないでしょう。
円滑に法務手続きを進めていくには信頼関係が不可欠。

価格でごちゃごちゃすると最後までごちゃごちゃします。
無事手続きが終わったとしても後味が悪いこともしばしば。

「安くやって話が丸く収まるんなら安くやるよ…」
と思ったことも数知れず。

それだけ、価格には気を遣います。

当然、値下げを要求されることは多々あります。
しかし、無意味な値下げ交渉のテーブルに乗ってはいけません。

見積もりを提示して値下げを要求されたということはつまりこういうことだからです。

「お前にそんな価値はない」

価格=価値

価格は価値です。
フリーランスの場合、自分自身の価値といっても過言ではありません。

「お前にそんな価値はない」

言葉で言われたわけではないですが、値切られたということはそういうことです。
もし、自分のサービスが客観的に見ても「価格>価値」なのでしたら反論の余地はないでしょう。
それはぼったくりです。
そもそも適正な価格を検討したほうがいいかもしれません。

しかし「価格=価値」なのに値切られた場合は毅然とした対応を取りましょう。
安売りしている同業者はたくさんいます。
わざわざあなたがやることはありません。

ちなみに「価格<価値」の場合が実は結構ありますが、もっとお金もらいましょうね笑
あなたの価値はそんなもんではないはずです。

理由もなく自分から価格を下げるのは相手に失礼な場合も

自信がないとやりがちなのですが、何も言われていないのに値下げしてしまうパターン。
お返しやお礼など、理由があって下げることはアリだとは思いますが、理由もなく下げてしまうのは注意です。
特に友人関係は注意。最悪関係がおわります。

「価格=価値」ですからね。
自分から価値を下げてしまう行為をしているわけです。

よかれと思ってやってしまう自ら値下げですが、相手によっては不安な気持ちになります。
「え、あなたのサービスってそんな簡単に値下げできちゃう程度のものなの?」
「元々の定価の根拠は何なの?」
「安くやったからって後で文句言えなくさせるつもりかしら…」

つまり、お互いにとっていいことなし。
売上にならなければ税金も少なくて済むので売り手悪し、買い手悪し、世間悪しの三方悪しです。

相手は“価値”に期待して依頼をするわけです。
それなのに、自らその“価値”を下げてしまう。
凄くもったいないです。

もちろん、サービスや商品には相場があります。
しかし、あくまで相場は指標です。

相場以上の価値が自分にはあると思うのであれば当然請求していいわけです。
あとは相手がその価値をどう感じるか。

「自分の価値を伝えること、そして伝わること。」
これからの時代、不可欠になると思います。

…私の価値、なんだろう笑

類似の記事:

人気の記事:

はてなブックマーク - 値切られるということは「お前にそんな価値はない」と言われたということ。
Pocket