SNSではいいことしか書かないけど、裏ではみんな結構苦労しているのが現実です。

リア充。儲かってる。家庭円満。

我々が目にするSNSの投稿ってそんな感じがしますよね。

「毎日楽しそうでいいなあ」
「仕事忙しそうでいいなあ」
「家族仲良さそう」

しかし、そう見えるひとに限って会って話してみると現実はそうでもないひとが多い、というのが現実です。

わざわざ、自分の悪い部分を発信するひとはいない

ハッキリ言ってしまえばSNSは“いい部分だけ”を切って貼ったようなものです。
現在進行形でしんどいことが起きているときにわざわざそのことを投稿するひとはいません。
※まれにいます

今やるべきことはSNSに投稿することじゃないですからね。
今起きているしんどいことの解決に注力する必要があります。

だから、悪い部分は整理がついてから「実はあのとき…」という内容で投稿するひとが多いですよね。
悪い部分を現在進行形で投稿すると無駄に周りを心配させちゃいますしね。
※周りに心配してほしいがためにあえて投稿するひともまれにいます

裏ではみんな苦労している

例外はないと言ってもいいかもしれません。
表向きは華やかに見えても裏では大変な苦労をされてる方がほとんどです。
わざわざ「苦労なう」とか言わない。当たり前ですけど。

裏の苦労があるから、表のSNSが存在します。
まさに光と影です。

だから、その“光”だけを切り取って「やれリア充」だの「やれ儲かっていいね」などというのはちょっと違う。
その“光”に当たるために相当の苦労や努力をしている“影”の部分があるのです。

どうも最近、その“光”の部分しか見えていないからか、ビジネスが楽にできそうと思っているひとが増えている気がします。
楽にできるのならそれはそれでいいのですが、あなたが楽に稼いでいると思っているあのひとも、裏では相当な苦労と努力を重ねていることがほとんどです。

もし、“光”に焦点を当てて判断しているのだとしたらぜひ“影”の部分も見てほしい。
SNSでは見ることができないそのひとの“影”の部分が成功の本質だと私は思っています。

インターネットなどのデジタルの範囲では“光”は見えてもそのひとの“影”を見ることはできません。
やはり、実際に会ってみるなどアナログな行動が必要になると思います。
会わずにひとを判断することは困難です。

SNSで自分の価値観とは違う投稿をしていたとしても、攻撃せずにぜひ暖かい目で見守ってください。
このひとだって裏では苦労してるんだよなって笑

今日のブログは私の心理も交えてお伝えしました。

類似の記事:

人気の記事:

はてなブックマーク - SNSではいいことしか書かないけど、裏ではみんな結構苦労しているのが現実です。
Pocket