ひとり事務所ならFAXは「eFAX」がオススメ!

「FAX」

みなさん、どうされてますか?
「もう使ってない」という方もいらっしゃると思いますが、まだまだ使わざるを得ないのが司法書士の世界。
金融機関や不動産業者、公証役場とのやり取りではまだまだ「FAX」というのが現実です。

事務所に戻らないとFAXが届いているか確認できない。
通信料がかかる。
いちいち印刷しないと送れない。

などなど…。
何かと不便なFAX。

しかし、世の中便利なものを開発する会社があるものですね。
今日はひとり事務所にオススメのFAXを紹介します。

インターネットでFAXが利用できる

インターネットFaxなら【eFax】どこでもファックス送受信
⇒ https://www.efax.co.jp/homepage

このeFAXというサービス。
去年から使っていますがなかなか便利です。
私が使ってみて感じたeFAXのメリットをお伝えします。

東京03など市外局番が使える

個人的には大きなメリットです。
FAX番号が020だと「あれ? 大丈夫かな?」なんて思ったり思われたり…。
気にしないひとは気にしないのでしょうが、気にするひとがいるというのもこれまた事実。
03が使えるので表向きの体裁を気にするひとにはオススメです。

印刷しないで送信できる

印刷コストって、ちりも積もればで長い目で見るとそれなりにかかっています。
また、印刷が減るのでエコにもつながります。
印刷した資料も保管しておくと量もバカになりません。
「印刷しなくていい」というのはそれだけで相当なメリットです。
勝手に送られてくるFAXDMに怒ることもなくなります笑

どこでも送受信できる

ひとり事務所にとってこれも大きいメリット。
メールや専用アプリで送受信が可能なので移動先でFAXを確認することができます。
「事務所に行かないとFAX確認できないんですよ…」
ということがないので出先でも安心です。

過去の履歴が簡単に見られる

eFAXはログインするとメールボックスのような作りになっています。
つまり、過去のメールを検索するように過去のFAXを検索することができます。
受信したFAXはすべてPDFになって受信するので管理も楽です。

送受信が各150ページまでなら追加料金なし

料金は月額1,500円(税抜き)です。年払いだと年額15,000円(税抜き)
私はFAXを使わなければいけない業種の付き合いはそこまでありません。
主に公証役場に定款案を送信するのに使用しています。
となると、月150枚送信することは皆無。受信はさらにありません。
それでこの料金設定なら私は文句なしだと思います。

デメリットがない

とまあここまでメリットを紹介してきましたが、じゃあデメリットはというと…。

特に思い付きません。
元々物をあまり持ちたくない性格なので私の性に合っています。
FAXをまったく使わないのでしたら必要ないと思いますが、時々使わざるを得ないという方にはぜひオススメします。

ていうか、FAXなんて時代遅れのツール、いつまで存在するのでしょうか…。

類似の記事:

人気の記事:

はてなブックマーク - ひとり事務所ならFAXは「eFAX」がオススメ!
Pocket