送ったメールを相手に一番早く見てもらえるのはどのタイミング?

「早く返事が欲しいのになかなか相手から返事が来ない…」
ということは往々にしてあること。
メールには「既読」という機能もないからそもそも読んでくれているかどうかもわからない。

FacebookのメッセージやLINE、チャットワークでやりとりすることも増えましたが、まだまだメールも現役です。
今日は相手から早くメールの返事がほしいひとのためのワンポイントアドバイス。
いつも私が実践していることをお伝えします。

相手がメールを読む時間はいつ?

これがわかればメールも送りやすいですね。
しかし、相手がいつメールを読むかなんてわかるはずがありません。

こまめにチェックするひともいれば、まとまった時間に一度に処理するひとも。
できれば急いで返事がほしいのになかなか返事が来ないとヤキモキしてしまいます。

「相手がメールを読む時間は一体いつなのでしょうか?」
答えは簡単です。

それは…

「相手のメールを受信したとき」です。

「メールを受信した」ということは「相手は送信した」ということ。
間違いなくメールソフトを開いています。

つまり、メールを受信してすぐに返信をすれば間違いなく見てもらえます。

返信することはすぐにできる

「そんなにすぐには返信できないよ。」
という声が聞こえてきそうです。

断言します。返信はすぐにできます。

「承知しました。内容については後ほど改めて返信いたします。」
これで十分。いわゆるメール版「既読」です。

送った相手はこれだけでも安心するもの。
何も返信がないと「あれ? 届いてるのかな?」
といらぬ心配をかけることになります。
メールを送ってすぐに電話してくるひともいますもんね笑

即レスは即信用につながる

受信してすぐに返信するということはこれすなわち「即レス」です。
即レスは信用を作るうえで必然だと私は思います。

私はとにかく即レスにこだわりを持っています。
もし『クイズ100人に聞きました』でテーマが私だったら間違いなく3位以内に「即レス」が入るでしょう笑

「レスが遅い」という不満は至るところで耳にします。
ひとは待ちたくないんです。待たされるということに不満を覚える生き物なのです。

だから私は即レスにこだわっています。
即レスに才能は関係ないですからね。
誰でも実践可能です。

それでも他の人に言わせると私の即レスは異常らしいです笑
「異常」って「突き抜けてる」ってことでしょうから私にとっては褒め言葉以外の何者でもないです。

自動返信メールならぬ「手動返信メール」が私の理想ですけどね。

今日のリョウキ

今日もメールたくさん受信しました。
即レス即レス即レスです。バッタバッタと即レスです。

今日は会社設立と清算結了登記を1件ずつ申請。
来客が2件。訪問が1件。
法務局に1件。
年度末ですね…。

さあ司法書士のみなさん!
明日で年度末最後ですよ!
頑張りましょう!

類似の記事:

人気の記事:

はてなブックマーク - 送ったメールを相手に一番早く見てもらえるのはどのタイミング?
Pocket