新人向けサービス、いわゆる「ひよこ食い」に騙されないためにはどうすればいいか。

否定的な意見の多い「ひよこ食い」。
同業者などの新人を食い物にするビジネスのことですが、私はこういったビジネスが一概に悪いとは思っていません。

※ひよこ食いって何?という方はこちらの記事をご参考ください
【広がる”資格貧乏”!税理士、社労士の悲哀】
⇒ http://toyokeizai.net/articles/-/33319?page=3

なぜこれだけ同業者向けの講座やセミナーが世の中に溢れているのか。
それは「ニーズがあるから」だと思うのです。
だとしたらそのニーズに誰かが応えるのは当然のこと。
個々人の質が向上すれば業界全体の底上げに繋がります。

ニーズがあるということはビジネスチャンス。
新人向けに講座を開くのは何ら悪いことではないのです。

金儲けが理由なら間違いなく叩かれる

誤解のないように言いますと、新人を“ただ食い物にするだけ”ならそれは許すことはできません。
業界全体のイメージに関わります。ぜひともやめていただき、本業に精を出してほしいと思います。
(本業じゃ敵わないから「ひよこ食い」に手を染めるのかもしれませんが…。)

結局なぜ「ひよこ食い」が叩かれるかというとそこには“想い”も“中身”もないから。
親鳥が儲かるためだけにやっていることですから、どんなに表向きを良く見せようと繕ってもメッキはすぐに剥がれます。

受講者であるひよこの声や感想がないものはいわゆる“悪意のひよこ食い”である可能性が高いです。
本当にいい講座やセミナーでしたら必ず周りに勧めるはず。
紹介料やノルマがあるものは論外ですが、そうじゃなければ本当に役に立つ講座だと私は思います。

同業者向け=ひよこ食い?

同業者向けの講座やセミナーは「あいつもついにひよこ食いはじめた…」となりがちですが、そう考えるのは早計です。
同業者向けや新人向けで本当に役に立つ講座はたくさんあります。

私も2010年に独立開業する前から士業向けの経営塾に在籍しています。
この塾に入っていなかったら今の自分は100%存在していません。
開業してからもうすぐ5年が経ちますが、現在でも必要性を感じて在籍を続けています。

「独立したんだから全部自分で考えろ」と言うのは簡単ですが、実際はとても難しい。
同時期に開業した仲間や先に開業している先輩の話を聞けたことは何事にも代えがたい財産でした。

自分にもそういう場所があって成長しているので必要性は実感しています。
「ひよこ食い」かどうかは結局のところ中身しだい。
実績があって成功者も多数輩出しているなら誰も文句は言いません。

文句を言うひとは結局他者依存のひと

「あの講座に参加したけど全然役に立たなかった。」
もちろん役に立たない講座はたくさんあります。
私もこれまで数々の講座やセミナーに参加してきましたが、ひどいものは本当にひどいです。

しかし、そこから学ぶことは必ずあります。
「こんなコンテンツで講師ができるなら俺でもできるんじゃないか。」
「こんな何を言ってるかわかんないひとでもやってるんだから俺でもやれるんじゃないか。」

講義から直接得るものはなくても間接的に得ようと思えばいくらでも得られるものはあるはず。
ただ「騙された!」「あの講師はインチキだ!」というのは簡単です。
しかし「ひどい!」「詐欺だ!」という感情からは何も生まれません。
自分が食い物にされたのはそれを見抜けなかったからです。

残念ながら参加しようと決めたのは自分です。
騙されたということは「自分の見る目がなかった」ということです。
自分の中に反省点が見つかれば次に活かせます。

「儲かる話を教えてもらおう。」
「営業の仕方を教えてもらおう。」

そんなに簡単に答えなんて見つかるはずがありません。
答えがあればみんなやってます。

まずは自分の中で答えを出してから参加しましょう。
講義は“答え合わせの場”です。

そこから新しいアイデアや思いもよらないアイデアが湧き出るのです。
一度自分で考えたからこそ応用が効くのです。

数学の勉強だっていきなり答えを見ても何も頭に入らないですよね。
自分で頑張って解いてから答え合わせをすることに意義があるわけです。

つまり…

食い物にされているのはひよこじゃなくて「他者依存の情報弱者」です。

「自分で考える」「自分で調べる」
他人に聞く前にこの2つができなくなったら要注意。
知らない間にひよこ食いの餌食になっているかもしれません。

講座や講師を見極める眼が自分に備わっていれば、“ひよこ食いで痛い目に遭う”ことなんてないのです。
自分のことは自分で守る。

悪質なひよこ食いビジネスや振り込み詐欺のような事件はなぜなくならないのか。
それは一定程度お金を払う人がいるからです。

誰も騙されなくなったらひよこ食いもなくなります。
「しっかりとした自立心」と「日頃の情報収集」
これだけでかなり防げると私は思います。

有名な講演家や講師の名前をGoogleで検索してみてください。
参加するのはそれからでも遅くないですよ。
もちろんネットに掲載されている情報をどう判断するかは自分しだいですが。

今日のリョウキ

すみません、書いてたら長くなっちゃった…。
「ひよこ食い」って親鳥ばかりが叩かれますがひよこもどうかと思うんですよ。
自分の軸をちゃんと持たないとブレますからね。
親鳥を頼って何とかしてもらいたくなる気持ちもわかりますが…。
所詮他人ですから。自分の人生なんですから最後は自分に責任を持って決断しましょう。

今日は会社登記を1件申請。
法務局に一箇所。
明日は動画を撮る予定です。
できたらブログでもアップする予定です♪

類似の記事:

人気の記事:

はてなブックマーク - 新人向けサービス、いわゆる「ひよこ食い」に騙されないためにはどうすればいいか。
Pocket