『リョウキギョウ』という自分コンセプト

ここ何年間、自分の生き方や働き方のコンセプトをずーーーーーっと言語化しようと考えていたのですが、最近やっと腑に落ちる言葉が降ってきました。

それが『リョウキギョウ』です。

『良起業』

私は起業するひとが好きです。
それだけで応援したくなります。

「起業したい!」と言うサラリーマンはたくさんいます。
しかし、「就職したい!」と言う起業家にひとりも会ったことがない。

私も資格で起業したひとりですが、毎日紆余曲折ありながらも楽しく過ごしています。
リスクを負うのはもちろん自分自身ですが、それを補ってあまりある「プラス」があると実感しています。

良い起業。
これは間違いなく社会が良くなります。

自分も潤い、周りも潤い、社会も潤う。
そんな三方良しの起業をサポートするのが私の仕事でもあります。

『良企業』

起業して事業が波に乗ってくると今度は「企業」です。
仮にひとりで起業していても、売上が増えてくると法人化した方が税金が安くなる。
そんなタイミングがやって来ます。
もちろん信用や雇用の面でも重要なことです。

法人を設立すれば紛れも無く「企業」
次のステップに進みます。

※起業と企業、私の中では「起業=事業を起こすこと」「企業=法人そのもの」のことです。Wikipediaによると個人事業主も企業に入るようですが。

良い企業。
法人登記という手続きを介して日々お付き合いさせていただいております。

社長さんのお話を直接聞くことも少なくありません。
私が司法書士じゃなければなかなか聞くことができない話も多いです。

ひとりの司法書士として、会社設立や定款変更など「良い企業」作りに関与できるということはとても素晴らしいことです。
そこで得た経験や実績をたくさんの「良い企業」に還元していくことが私の使命でもあります。

『良基業』

本当に良い名前を付けてもらったと親には感謝しています。
『リョウキジ』というブログタイトルも私の名前がなければ当然付けることはありませんでした。

私は独立して仕事をする以上、仕事というのは人生そのものだと思っています。
大げさな表現かもしれませんがそれくらいの気持ちで取り組んでいます。

だから仕事とプライベートをわけることもあまりしません。
ワークライフバランスという考え方も好きじゃないです。
もちろん家族や周囲の理解は必要ですけどね。
ひとりよがりの人生では何の意味もありません。

何よりも好きな仕事に取り組むことこそが人生を楽しむ一番の方法だと思っています。
イヤイヤやる仕事ならやらない方がマシです。

理想と現実にはまだまだギャップがありますが、自分がやりたいと思ったことをやれる環境にしていきたいと思っています。
司法書士という枠にこだわる必要もないのですが、あくまで司法書士という枠にこだわって追求していきたいというのが私の本音です。

資格の未来の話になるといつも悲観的な話題しか出てきませんが、現役である我々が悲観的な話をしていたらこれから目指そうとするひとがいなくなります。
目指すひとがいなくなれば遅かれ早かれその資格はなくなる。
それは結果的に現役である我々がその資格をなくしてしまうと言っても過言ではないのです。

司法書士という資格がなければ今の自分は存在していません。
司法書士への恩返しのためにも『リョウキギョウ』を全うしたいのです。

それが『良基業』
仕事と人生は私にとって同義です。

人間の一番のアイデンティティは「名前」ということを聞いたことがあります。
まさしく私も自分の名前から自分コンセプトを作ることができました。
本当に親に感謝です。

今日のリョウキ

今日のブログ、熱いっすね笑
「良基」って名前。以前親に由来を聞いたことがあるのですが、答えは「なんとなくby母」でした。

なんとなく付けられた名前。
高校生までは「よしき」って呼ばれることが多かったので嫌いでした。
名前を読み間違えられるって結構ショックなんですよ…。

今じゃこんなに前面に出してますからね。
人間変わるものです。

今日は午前中に相続の相談が1件。
今夜も1件不動産登記の相談が入ってます。

今日のリョウキジは自己満足記事ですね。
まあ自分のブログなので許してください笑

類似の記事:

人気の記事:

はてなブックマーク - 『リョウキギョウ』という自分コンセプト
Pocket