トレンドやセオリーに流されず、常に“自分”というフィルターを通してから行動に移す。

トレンドやセオリーって経営するうえで、もの凄く重要なことですが、忘れてはいけないことがひとつだけあります。
それは必ず「自分というフィルター」を通すということです。

周りもみんなやり始めたから自分もやる

例えば今ならYouTube。
「これからは動画が重要、これからは動画の時代。有名なコンサルタントがみんな言ってる。」
「今は動画をやらないとダメみたいだぞ。」

…ということではじめたみたけど続かない。
動画で何を伝えていいかもわからない。
とりあえずアップしてみたものの閲覧回数が異常に少ない。

「やめよう。」

元々、自分というフィルターを通していないからこうなります。
「なぜ、自分はYouTubeをやるのか。」
「YouTubeをやることで自分は何を得たいのか。」

自分の目的が明確にならない限り続きません。
新しいSNSが流行りはじめると、みんな飛びつくように手を出しますがほとんど続かない理由はこれです。

「なぜ、自分はそれをやらなければいけないのか。」
答えを見つけてからはじめましょう。

セオリーだって自分には当てはまらないことがある

物やサービスを売るならホームページ。
情報発信をするならブログ。
見込み客を集めて売るならメルマガ。
人脈を広げたいなら交流会。

「セオリー」と呼ばれるものはたくさんあります。

でも「はたして“自分”にはそのセオリーが本当にはてあまるのか。」
ということを考えてほしいのです。

セミナー講師が伝えていることが、そのまま自分にもあてはまるとは限りません。

「なるほど。著名な講師が言ってるんだからやってみよう。」
というのは悪いことではないのですが、「あの講師はこういうやり方だけど、自分ならここを工夫してこうすればいいのかも。」と一度“自分というフィルター”を通してほしいのです。

そうじゃないと成長しません。

講師が言うまま行動に移して失敗すると「あの講師が言っていたことはウソだった。」と講師のせいにするからですね。
他人のせいにしているうちは成長は望めません。

ブログでもよくお伝えしていますが、「他人事をどれだけ自分事に変換して考えられるか」が成長には重要なカギだと思っています。
トレンドやセオリーどおりの行動というのはもしかしたら「その他大勢と同じ行動」になるわけです。

差別化やブランドを意識するのであれば、まず「トレンドやセオリー」を疑うところからはじめるのが一番の方法かもしれません。

今日のリョウキ

今日は予定もなく比較的自由に動ける一日。
レターパックプラスの受け取りを待っているのですがなかなか来ません…。
待ち時間を利用してブログ更新。
午後は一箇所都内の法務局に出かける予定です。

類似の記事:

人気の記事:

はてなブックマーク - トレンドやセオリーに流されず、常に“自分”というフィルターを通してから行動に移す。
Pocket