支払いをなるべく遅くした方がキャッシュフローがよくなるって言うけど、それは相手からしたら迷惑極まりない。

私も一士業として資金繰りやキャッシュフローの本を読むことが多いです。
月末になると支払いばっかりで大変。
なんで毎月こんなに出ていくんでしょうね笑

いくら売上があっても現金がなくなったらおわり。
資金繰りは本当に重要です。

そこでよく耳にするのがこれ。

「支払いはなるべく遅くした方がキャッシュフローがよくなる」

月末払いなら翌月末払いにするとか、翌々月末払いにするとか。
支払いはなるべく先に伸ばした方が手元にキャッシュが残るから楽だよってことですね。

この方法は本当によく書いてあります。
しかし、ビジネスである以上、必ず「支払う相手がいる」ということを忘れないでほしいのです。

受け取る側は翌々月末払いとかじゃ困る

翌々月末払いで支払う方のキャッシュフローは改善されるかもしれませんが、受け取る側のキャッシュフローは悪化するかもしれません。
仕入れや立替があればなおさらです。

取引は一社だけではありません。取引先は複数あります。
他の会社との取引も行っている以上、ときにまとまった仕入れや立替が必要になることも多いのです。

それが相手の都合で翌々月末払いになったら大変。
入金が二か月後って結構厳しいです。
入金されるのはわかっていても、できれば早く入金して欲しいと思うのは経営者として。

究極的な話をすれば、その会社が二か月後にまだ存在している保証はないのです。

常に相手が存在する

自社だけのことを考えたら遅らせる方がいいのかもしれません。
しかし、ビジネスは自社だけで行うものではありません。
常に相手が存在します。

その相手は取り引きしている以上は重要な取引先であるはず。
「持ちつ持たれつ」の関係であるのなら自社だけが有利でいいはずがない。

そう考えると支払いは遅くするどころか早い方が相手にとっては喜ばれるのです。
早ければ早い方が取引先としては重宝されるはずです。

みなさんが大好きな取引先を想像してみてください。
例外なく支払いが早いはずです。

起業家・フリーランスにとっては仕事は“入金されてナンボ”です。
もし、長いお付き合いをしたいのであれば支払いは即日の方がいい。
これは間違いなく言えます。

自社のことしか考えていない会社と取り引きしたいですか?
もしかしたらキャッシュフローが良くないのは支払いのサイト以前に、そもそもの会社の体質に問題があるのかもしれません。

支払いを早くすれば、相手だって「いつも◯◯さんのところは早いなあ。うちも早く入金しとこうか。」となるのが心情です。

「支払いが遅い」というレッテルは経営を継続するうえで何の得にもなりません。
キャッシュフローを気にする前に取引先からどう見られたいかをもう少し気にしてみませんか。

今日のリョウキ

医療法人の登記を1件、株式会社の登記を2件申請。
昼間から法務局に二箇所。15時過ぎから会社設立の打ち合わせでした。
年度末のお仕事が見えてきました。
残り2週間ファイトです♪

類似の記事:

人気の記事:

はてなブックマーク - 支払いをなるべく遅くした方がキャッシュフローがよくなるって言うけど、それは相手からしたら迷惑極まりない。
Pocket