ブログ更新が続く秘訣は「手作りバレンタインチョコレート理論」

「ブログ更新頑張ってますね!」
「どうしたら更新が続けられるんですか?」
「なかなかネタがなくて続かないんですよ…。」
などなど最近よくお声をいただきます。

昨年8月からなので、たかだか半年ちょっとですが平日更新を続けています。
ネタのストックがないので更新が大変か、といえば大変です。
いつも「今日ネタないなあ、どうしよう…」とパソコンの前でうなだれています笑

それでもこれまでなんとか更新を継続できています。
これからも更新できる気がしています。(言ってしまった)
それは、更新を続けて行く中で“ある理論”を発見したからです。

「手作りバレンタインチョコレート理論」

私が名付けました。
この「手作りバレンタインチョコレート理論」を発見してから更新が苦ではなくなりました。

「手作りバレンタインチョコレート」
“手作り”と言ってますが、「溶かして⇒型にはめて⇒固めて⇒デコレーションして完成♪」
カカオから手作りするひとなんていませんよね笑

この「溶かして⇒型にはめて⇒固めて⇒デコレーションして完成♪」
の方法でオリジナル記事のブログ更新が可能になります。
私が今まで投稿してきた記事も、実はこの「手作りバレンタインチョコレート理論」です。

溶かして型にはめる

生きていれば何かしらの出来事が起こります。
自宅、電車、事務所、会社、ランチのお店、メールのやりとり、電話のやりとり…
細かくわければたくさん出てきますね。

その出来事の中で「まず何かブログの材料になる出来事はないか」を探します。
私が今まで投稿してきた中で言えば…

ラーメン屋の接客。
シャンプー台が1台しかない美容院。
フェイスブックでの不毛なやりとり。

などなど。

この出来事という「材料」を一度溶かして、自分の得意分野に当てはめる、つまり「型にはめる」わけです。

ラーメン屋の接客⇒士業の接客
シャンプー台が1台しかない美容院⇒ひとりで事務所を経営する士業
フェイスブックでの不毛なやりとり⇒士業のコミュニケーション

型にはめるだけでオリジナリティが出てきましたね。

固めてデコレーションして完成

そうしたらあとは「デコレーション」です。
自分が経験した具体的事例、著名人の発言や本の引用、ニュースソースの引用ですね。

私は自分が経験した事例をお伝えすることが多いです。
経験してるからこそ書ける。説得力が段違いです。

オリジナルの記事のように見えても実は材料はいたるところに転がっているわけです。
それに気付いてからは更新がしやすくなりました。

ちなみに先ほどの3つはこの記事になります。

【ラーメン屋での衝撃。ああ、でも自分もやってたわ。】
⇒ http://ryoki-blog.net/2014/09/entry3304.html

【シャンプー台が1台しかないからまた行きたくなる美容院。】
⇒ http://ryoki-blog.net/2015/02/entry4272.html

【ブログのいいところは特定のひとに言いたいメッセージでも読者全員に言っているように見せられるところ。】
⇒ http://ryoki-blog.net/2015/02/entry4366.html

事実はひとつ。見方は無限大

起きている事実はひとつです。でも見方はひとそれぞれですよね。

例えば同じ商品でもカカクコムを見ればわかるとおり店によって値段が違う。
事実はひとつです。
でもこの事実からそれぞれがどう見るかとなると無限大。

同じ手続きでも依頼する士業によって価格が違う。
これは士業目線。

同じスーパーで買う同じ商品でも時間帯によって価格が違う。
これは主婦(主夫)目線。

同じ時間の飛行機でも季節によって価格が違う。
これは旅行者目線。

そこから自分の得意分野の型にあてはめてデコレーションして発信すればそれは“手作り”つまりオリジナルです。

日々の生活の中で、少しアンテナを高く張るだけでそこはブログネタの山。
専門家っぽく言えば「溶かして⇒型にはめて⇒固めて⇒デコレーションして完成♪」
は「具体⇒抽象⇒具体」というところでしょうか。

具体的な事実から抽象的な部分を抽出し、自分の得意分野に具体的に落としこむ。
これでブログの更新はだいぶ楽になります。

更新したいのになかなか難しいという方の参考になれば嬉しいです。

今日のリョウキ

清算結了登記を1件申請。(登記簿を閉鎖する登記のことです。)
お昼に前職の所長と目黒でランチ。
かなり久々にゆっくり話しました。
こうやって独立して5年経ってもお声がけいただくのは嬉しいですね。
お昼を食べたあとは法務局へ。
納品スピードにはこだわるため早め早めの対応です。

類似の記事:

人気の記事:

はてなブックマーク - ブログ更新が続く秘訣は「手作りバレンタインチョコレート理論」
Pocket