ソースの紹介やソースへのコメントもいいけど、やっぱり俺はソースになりたい。

「ソース」

source=情報源のことですね。
決して俺は醤油派だとかソース派だとかそういうことではありません。

ニュース記事やブログ記事を引用してSNSで自分の意見を発信するひとが増えました。
最近は記事にソーシャルボタンも付いていることが多いですね。
※ソーシャルボタンとはこのブログの一番下にあるツイッターやフェイスブックのボタンのこと

これは記事のシェアをしやすくするために設置してあります。
せっかく時間をかけて書いたブログ。
ひとりでも多くのひとに読んでほしいですからね。

このリョウキジも、いい記事(良記事)はどんどんシェアしてくださいね。

コメンテーターが増えた

ツイッターやフェイスブックを見ているとコメンテーターが増えた気がします。
ニュース記事のリンクを貼って、自分の意見を言う。
つまり、コメンテーターです。

私もたまにコメンテーターになります。
自分が興味を持っている記事や自分が紹介してもっと知ってほしいという記事は紹介します。
やはり司法書士絡みが多いかな。

記事を読み、自分なりに噛み砕きながら理解して、それを自分の媒体でわかりやすく伝える。
それがコメンテーターの役割であり醍醐味じゃないかなあと個人的には思います。

反論ばっかりのコメンテーター

最近よく目につくのは「反論ばっかりのコメンテーター」です。
記事のリンクを貼って文句しか言わない。
もちろん、自分の媒体で発信していることなので私がとやかく言うことではないのですが…。

できればそのひとの考える「正論」が聞きたいのです。
反論するのであれば、それでは自分はどう考えているのかを私は知りたい。

これは名言や格言を引用する方にも言えます。
歴史上の偉人や経営者の格言をシェアするのはいいのですが、その格言について“あなたが”どう思っているのか私は知りたい。
自分の考えを伝えてほしいのです。

自分の考えを発信することによって良き理解者やファンができるんじゃないかなあと思います。
正直、文句ばっかりのひとって怖いんですよ…。
会っても怒られそうだし…。

私はソースになりたい。

私はソースになりたい。
引用する側ではなく、引用される側。
情報源になりたいのです。

だからこうしてブログを書いています。
自分の考えを発信しています。
自分の考え、つまり私にとっての「正論」です。

はじめは勇気のいることだったんですけどね。
いつの間にか慣れました。

だから私はソース派です。
目玉焼きは醤油ですけどね。

今日のリョウキ

来ると思っていた郵送物が届かず調子が狂う。
出かける用事もなく事務所で作成作成準備準備です。
明日はメルマガ配信日なのでこれから書きます。

類似の記事:

人気の記事:

はてなブックマーク - ソースの紹介やソースへのコメントもいいけど、やっぱり俺はソースになりたい。
Pocket