ブログのいいところは特定のひとに言いたいメッセージでも読者全員に言っているように見せられるところ。

最近は自分もブログをやっているので他の方のブログを読む機会が増えました。
そして、読んでいて気付いたことがひとつ。

「自分の言いたいことは必ず自分のブログで言っているブロガーが多い。」
ブロガーだから当たり前かもしれませんが、実はこの点がブログをやるメリットだと思います。

ポイントは「自分のブログ」です。

常に自分の土俵で勝負する

自分が情報発信する媒体を持たないひとは、一体どこで情報発信をするのでしょう。
現在は、主にフェイスブックやツイッターなどのSNSが一般的ですね。
コメントやリプライなどいろいろ方法で絡むことができます。

「絡む」

本当に“絡む”ひともよく見かけますね。
どうでもいいコメントや返しづらいリプライは本当に相手をするのもめんどくさい。

「俺は違うと思うよ。」「私は◯◯だと思います。」
いろいろな考え方があるのは当然です。発信している側も当然承知の上で発信しているはず。

それで反対意見のコメントを入れている方のブログやフェイスブックなどを見ると、自分の意見や考え方を言っているひとが少ない。
ほとんどがご飯何食べたとか誰といたとか。そんな内容。

「あれだけコメントで色々なひとに絡んでるけど、自分発信だと何も言わないんだね…」

しかし、自分の媒体を持っているひとはほぼ例外なく言いたいことを自分の媒体で言う。
相手のコメントなどに自分の意見を書かず、ちゃんと自分の媒体に書く。

やはり「自分の土俵で勝負する」ということを心得ているひとが多いです。
著名なブロガーさんが他人の媒体でああだこうだ言っているの、あまり見かけませんよね。
必ず自分のブログで意見を表明しています。

特定のひとに向けて書いていることが多い

私もよくやります。今日の記事はあのひとに読んで欲しいなあ。
「あのひとに向けて書こう!」

書くタイミングによっては相手も気付くようです。
「この前のあの記事ってもしかして私のこと?」

私は「いや、違うよ。自意識過剰なんじゃないの笑」とごまかしますが。

これができるからブログは便利。
フェイスブックやツイッターでもいいのかもしれないですが、やはり自分オリジナルの発信媒体であるブログがベストです。
角を立てずに相手に言いたいこと、伝えたいことが言える。
こんな重要なツール、使わないのがもったいない。

そして読者から共感なり感想なりをいただいて満足満足。
自分の考え方が客観的にはどうなのかを知ることができます。

特に腹立つ系の記事だと共感してくれると嬉しいですからね。
(腹立つ系の記事は私はあまり書かないかな?)

腹が立った相手に直接コメントなどで絡むのは危険です。
遺恨が残りますからね。
意見のぶつかり合いは見ていて気持ちのいいものではありません。
きっとそのやりとりを見ている第三者にマイナスの印象を与えるでしょう。

言いたいことがあるなら自分オリジナルのぜひ媒体で

言いたいことがあるなら相手に絡む方法ではなく自分発信で言いましょう。
自分のブログなら言いたいことが言えます。

顔が見えるフェイスブック。
顔が見えないツイッター。
一長一短あります。

以前私の記事がちょっとだけ拡散した際、フェイスブックとツイッター両方どういう感想が多いか全部見ました。
フェイスブックはほぼ好意的。ツイッターはほぼ否定的というおもしろい結果でした。

やはり、媒体の特色が如実に現れるわけです。
これでは客観的な自分の評価ができません。

だからブログです。ブログ推しです。
半年以上続けた結果、ブログ最強ということがわかりました笑

自分の意見をぜひブログで発信しましょう。
「意見を言わないひと=意見がないひと」
と日本でも思われる時代は遠くない気がします。

今日のリョウキ

3月は登記の仕事でバタバタすることを見越して早めに確定申告。
去年はギリギリでしたが早めに終わらせることができました。
やっぱり数字は常に把握していないとダメですね。
「思ってたんと違う。」という感じでした。

まだ23日なのに今週で2月が終わるとかよくわからん笑

類似の記事:

人気の記事:

はてなブックマーク - ブログのいいところは特定のひとに言いたいメッセージでも読者全員に言っているように見せられるところ。
Pocket