知識を知恵に変えることが専門家の役割であり、生き残るために必要な能力だと思う。

昨日の記事でこのようなことを書きました。

>知識を知恵に変え、価値を与えるのが我々専門家の役割。
>知識だけならググればわかる時代。
>知識の価値は相対的に下がっています。
>ただ、知っているだけではダメ。その知識をどう活用するかが重要ですね。

これは専門家としてヒシヒシと感じています。
知っているだけでは何の役にも立たない。
その知識をどう活用するか=知恵を絞ることがこれからの専門家に求められる役割になると思います。
もちろん、これまでも求められていたのですが、そこはあくまで「付加価値」だったかなあと。

現在ほどインターネットが発達する前。
知識にも価値がありました。
分厚い専門書にどれほど頼ったことか。

ググる=ネットで検索するという概念がなかったとき。
自分で調べるということがどれほど大変だったか…。
まだ10年も経っていないような気がしますが…。

「ネットに載っている情報は嘘くさい」
というイメージは以前はありましたが、今は専門家が顔と名前を出して自ら情報発信をする時代。
以前ほど胡散臭いイメージはなくなった気がします。

もちろんまだまだ胡散臭い情報も多いですけどね。
そこは調べる側のリテラシーが向上してきたので見極めができるようになりました。
本当の情報か、ウソの情報か、なんとなくわかりますよね。

とある税理士さんとの会話で気付かされました

知識をどう活用するかってぼんやりは頭の中にあったかもしれません。
しかし、税理士さんとの会話でハッキリと気付きました。
———————————
リ「これから税理士さんの将来ってどんな感じですかねえ。」
税「記帳代行だけでお金を取っているようなところはなくなるかもねえ。」
リ「クラウド会計の普及とかの影響ですか?」
税「それもあるけどね。」
税「まあ知識レベルのことは誰でもググればわかるようにはなっちゃうよね。」
税「でもその知識をどう活用するか、いわゆる知恵の部分は専門家じゃないとできないと思うの。」
税「そこをしっかり意識している税理士というか専門家に関しては生き残っていくんじゃないかな。」
———————————
「まったくそのとおりだ」と思いました。

会社設立の手続きや相続登記の手続きについてはググればたいていのことはわかります。
個人事業主と法人の比較なども載っています。

でも結局調べていても最終的には
「じゃあ自分はどうするのが一番いいの?」
というファイナルアンサーが得られない。

このファイナルアンサーに導くため、知識や経験、知恵をフル活用してサポートするのが専門家の役割だと思います。

国家試験で問われているのは知識。実務家に問われているのは知恵。

受験生と実務家の違いはここです。
受験で問われるのは基本的には「知識」だけ。
問題の答えをいかに“知っているか”です。

しかし、合格後は知識だけじゃダメ。
その知識を活用して顧客に価値を生み出し、その対価として報酬をもらわなければいけない。
価値を生み出さないとダメなんです。

お客様が専門家にお願いする理由

「なぜ専門家に費用を払ってお願いするのか。」という質問をお客様の返答として代表的なのがおそらくこの3つ。

「自分でやるのはめんどうくさい」「時間がない」「素人にはよくわからない」
じゃないでしょうか。

この理由、逆に解釈すると「めんどうくさくなく」「時間があり」「調べればわかる」という条件が揃うと専門家には頼まない、ということになりますよね。
おそらくこれからもっとシステム化されることによって手続きや業務が簡単になっていくと思います。

そうするとこの3つが理由で依頼していた方はもう専門家には依頼しないで自分もしくは自社でやってしまうかもしれません。
私はこのことに一専門家として危機感を感じています。

ちなみに誤解を与えないようにお伝えしますが、社会としては望ましいことですが、一経営者として危機感ということです。
システム化などが進み、専門家に頼まず何でも自分でできるようになる、という傾向については悪いことじゃない、いいことだと思っています。
かけなくていい費用をかけたくないというのは誰でもそう思いますもんね。かけるべき費用はケチらない方がいいですが。

この「かけなくていい費用」を「かけるべき費用」に変える必要があります。
そのためには価値がなくてはいけない。お客様に価値を感じてもらわなくてはいけない。

そのためにはどうすればいいか。

それはやはり「◯◯さんじゃなきゃできない仕事」
これからは「資格独自の仕事」も大事ですが、「自分独自の仕事」を作り出す必要があるかもしれませんね。

今日のリョウキ

午前中は本八幡まで。お客様の都合で今日しかなさそうだったので行くことに。
いい天気でよかったー。

そのまま事務所によらずに大井町まで。
電車で本が読めて満足満足。

午後は準備準備。その間にブログ書きました。

類似の記事:

人気の記事:

はてなブックマーク - 知識を知恵に変えることが専門家の役割であり、生き残るために必要な能力だと思う。
Pocket