不満買取センターからヒントをもらう。

はじめて聞いたときは「凄いビジネスがあるもんだな」と感心しちゃいました。

【不満買取センター】
⇒ http://www.fumankaitori.com/

不満を1個10円で買い取る

どんな不満でもいいから10円で買い取ってくれるみたいです。
考えたひとは凄いなあ。おもしろいなあ。

お店へのクレームだと「直接じゃ言いにくい」ということで何も行動しない方も多いと思います。
私もクレームはよっぽどじゃない限り直接言いません。

そんな直接は言えないけど「どこかに言いたい」という欲求を満たしてくれるのかもしれません。
どこかに不満をぶつけたい方は不満を売ってみてはいかがでしょうか。

そしてその集まった不満を売っちゃうから凄い

このビジネスモデルの一番凄いところは集まったその不満を売っちゃうところです。

【不満ライブラリー】
⇒ http://www.fumankaitori.com/library/index.html

仕入れた不満を販売するわけですね。
いや、ホント凄い。

ライブラリーを見ると業種別に並んでいます。
通販、美容、営業、宿泊、飲食…。

これらの業種のお仕事に従事されている方。特に経営者の方。
読みたくないですか?

「お客様はどんな不満を抱えているか」
直接寄せられない声だからこそ気になります。

士業編は今のところないようですが、あったら絶対買います。
直接寄せられない“お客様の声”にこそ真実の“声”があると思います。

不満から満足度は生まれる

私は、お客様やご紹介いただく士業の方に不満な気持ちを抱かせないように配慮して仕事に取り組んでいるつもりです。
当然のことではありながら、100%満足というのはなかなか難しいでしょう。

ただし、色々な話をしていると「他の先生の不満な点」を耳にすることがあります。
そこが自分の満足度を上げるポイントかもしれません。

その先生を反面教師にして仕事に取り組むことによって満足度は上がるはずです。
その「反面教師」がいわゆる不満買取センターの“不満”にあたる部分。

その部分を改善、もしくは事前に対処することでお客様の満足度も違うはずです。
不満買取センターのビジネスモデルを知ったとき、「自分が士業の不満を買い取りたい」と思ったくらいです(笑)

一体、どんな不満が寄せられているのだろう。
美容に対する20の不満が公開されているので興味のある方は見てみてください。

私は美容業界とは関係ないのですが、「ウンウン」とうなづけるものが多いです。

【美容に対する20の不満】
⇒ http://www.fumankaitori.com/library/biyou/

今日のリョウキ

昨日「早く終わらないかなあ」とヤキモキしていた登記が無事完了。
近くの法務局なのでちょっと行ってきます。
今朝も無事メルマガ配信できました。
お読みいただいたみなさま、いつもありがとうございます。

類似の記事:

人気の記事:

はてなブックマーク - 不満買取センターからヒントをもらう。
Pocket