タイミングをずらせば快適な時間を過ごせる

3連休、地元に帰省してきました。
写真は栗原市の名所になりつつある櫻田山神社(狩野英孝の実家)です。

【櫻田山神社】
櫻田山神社

【ミヤギケンタウルス】
櫻田山神社

年末年始のピークを外したため特に不便はありませんでした

本来、帰省というと年末年始が多いと思います。
今回は私の都合で年末年始ではなく3連休の帰省にしました。

年末年始の帰省だと新幹線のチケットを取るのが大変です。
しかし今回は、ピークを外したため直前の購入でもお目当ての一番前の席を人数分確保することができました。

うちには3歳になったばかりの息子がいます。
まだまだ言うことを聞かないやんちゃな性格。
前の座席をオラオラ蹴飛ばす可能性があるため一番前の席が欲しかったのです。

特に帰りは10%オフのチケットを確保。
子どもが小さく大変だと思った帰省も思いのほか楽しく過ごせました。

タイミングをずらせるならずらしたほうがいい

今回、年末年始という激混みのタイミングをずらしたので快適な帰省ライフでした。
この「タイミングをずらす」というのはかなり効果的です。

例えば通勤。
朝のラッシュを避けるため、早起きするor遅出勤する。
ラッシュ時の通勤はかなり体力と精神力を消耗します。
できれば避けたいですね。

例えばランチ。
12時になると昼休みに入ったサラリーマンで飲食店は混んできます。
混んでるところで食べるランチほど落ち着かないものはありません。
ランチの時間を選べるのも起業家の強み。
ゆっくり落ち着いた雰囲気で食べたいですね。

例えば税理士さんへの依頼。
税理士さんはこれから確定申告シーズンに突入。
いわゆる繁忙期です。
期限がないいつ依頼しても大丈夫な案件でしたら繁忙期を避けたほうがお互いにとっていいでしょう。
会社設立する際の決算期の決め方にも影響してきますね。
お願いしようとしてる税理士さんの繁忙期と決算期がぶつかると何かと不都合が出てくることもあるでしょう。
そこは決算期を決める前によく税理士さんと相談してみてください。

自分で決められる強みを最大限活かしたい

サラリーマンだと通勤時間や休日を自由に決められないことがほとんど。
しかし、起業家・フリーランスは“クライアントに迷惑をかけさえしなければ”いつ働いてもいつ休んでもいいわけです。

“クライアントに迷惑をかけさえしなければ”

これがキモであり実際は難しいんですけどね。
そこは工夫と努力しだいでしょうか。

類似の記事:

人気の記事:

はてなブックマーク - タイミングをずらせば快適な時間を過ごせる
Pocket