2015年はひとり事務所コンセプトの更なる追求がテーマ

あけましておめでとうございます。
と言っても、もう5日ですね。
本年もよろしくお願いいたします。

2015年のテーマ

2015年のテーマは「セルフコントロール」。
他人によって動かされるのではなく、自分で決めて自分で動く。
今までもそうしてきたつもりでしたが、なかなかそうはいきませんでした。

昨年から「生き方・働き方」を深く考えるようになりました。
「この先、今の働き方でいいのだろうか」と疑問に思い、見切り発車ではじめた『ひとり事務所』
一年が経ち、ますますその想いは強まるばかりです。

仕事の質を落とさずに、事務所という概念に囚われずに仕事をする。
それは自宅でも、スタバでも、コワーキングオフィスでも、ホテルでも。
ふだん仕事をしていると「事務所」という名称に違和感を感じるようになりました。

ということで、現在「ひとり事務所」に代わる名称を考えています。
しっくりくる名称が思い付いたとき、またお知らせしますね。

私は弱い人間であると自覚しているからこそ、セルフコントロールの重要性を感じます。

「どうせ独立起業するなら主体的に。」

周りに流されない自分軸の重要性を、今年は自分の成長とともに情報発信していきたいですね。

2015年のリョウキジ

昨年8月から平日更新を目標にブログを運営してきました。
おかげさまで100を超えるリョウキジを書くことができ自分でも満足しています。

…とともに、更新することが目的になり情報がとっちらかってしまいました。
書けることを書いた結果ですね。

それで今年はどうしようかと考えた結果、更新は続けます。
可能な限り続けたいと考えています。
一度更新をやめると気持ちが切れる性格であることも認識しています。

問題は内容です。

私がふだん考えていることは昨年で出尽くした感があります。
それなので、今年はもっと具体的なノウハウを発信していこうと考えています。
特に私が今後チカラを入れたいと考えている「起業」「法人化」「法人設立」について。
私の経験だけでは限界があるので、いつもお世話になっている起業家・士業の方にお話を伺ってそれを発信していけたらと考えています。

登記の仕事を見つめ直す

登記は司法書士にとって欠かすことのできない基幹業務です。
不動産登記も法人登記も社会にとって超重要な制度。
しかし、司法書士の資格とともにその重要性が社会に浸透していない印象を私は持っています。

今年は原点回帰。
ひとりの司法書士として「登記」を身近に感じていただくための情報を発信していきます。
当事務所の名称は「司法書士事務所登記のミカタ」ですからね。
司法書士の将来性に魅力を感じて目指すひとがひとりでもいいので誕生すると嬉しいです。

2015年もリョウキジをよろしくお願いいたします。

類似の記事:

人気の記事:

はてなブックマーク - 2015年はひとり事務所コンセプトの更なる追求がテーマ
Pocket