コンテンツさえあればどんなツールが出てきても大丈夫

また新しいSNSが話題になっているようです。
※具体名は避けます。

これまでもアメブロが流行ったり、ツイッターが流行ったり。
フェイスブックはまだまだ衰えを知らないところです。
最近はユーチューブも情報発信のトレンドになっています。

今日はSNSなどの情報発信ツールをビジネス利用したい方に向けてのリョウキジ。

これらはすべてツールでしかない

アメブロもツイッターもフェイスブックも情報を発信するためのツール、つまり手段です。
よく「ツールが多すぎて何を使って情報発信すればいいかわからない」というひとがいます。
それはツールに踊らされ過ぎです。

あくまで「情報発信のツール」なわけですから、「発信する情報」がないと話にならないわけです。
ツールの特性を考える前に、自ら発信する情報を蓄積することが重要です。

コンテンツがあればどんなツールが出てきても大丈夫

結局大事なのは中身、コンテンツ。
コンテンツがないとどんな情報を発信しても時間のムダです。

逆にコンテンツがあれば、時代の流れとともにどんなツールが出てきても大丈夫。
そのツールの特性を考えて情報を発信していけばいいわけです。

顔見知りが多いフェイスブック。
不特定多数が多いツイッター。
動画で情報を発信できるユーチューブ。
サービスを利用してもらうためのホームページ。

それぞれのツールに特性があります。
これはコンテンツがあってはじめてその特性を活かすことが可能になります。

「◯◯を使って月100万稼げる」などの本を買う前に

情報発信ツールが流行すると必ずこの手の本が出版されます。
利用する側にとって決してそれは悪いことではないのですが、「なんだ!こんな本読んでも儲からないじゃないか!」というひとが続出します。

それは発信する情報がないか、ニーズのない情報だからです。
結局どんなツールが出てきてもコンテンツです。

中身がない情報にお金を払うひとはいません。
ツールに飛びつく前にまずはコンテンツをしっかり作り込んでみてはいかがでしょうか。

類似の記事:

人気の記事:

はてなブックマーク - コンテンツさえあればどんなツールが出てきても大丈夫
Pocket