結局ベクトルがどこを向いているかの話だった。

先週の土曜日、イベントに参加しました。

第6回セミナー講師グランプリ
⇒ http://seminar.c-shuka.com/e552081.html

結果はふるいませんでした。

伝えることの重要性

2014年、伝えることの重要性を痛感し、人前で話す機会を増やしています。

元々引っ込みがちな性格だった私は幼少から人前で話す機会を避けてきました。
学生時代、ひきこもりも経験していますから、人前で話すなんていうのはとんでもなくハードルが高いわけです。

しかし、司法書士になり会社を作り、「伝えたい」という欲求が生まれます。
「いつまでも苦手なんて言ってちゃいかん」
やっと人前で話すことについて自分から行動に移すようになりました。

「伝えたい、伝えたい」

結局ベクトルは自分に向いていた

講師グランプリに出場して思いました。

「俺、自分のことしか考えてないじゃん」

優勝した方の講演はすばらしい講演でした。
相手を喜ばすことに全力でした。
他の方の講演中も一生懸命聞いていました。
私が話しているときも満面の笑みでウンウンうなづいてくれていました。

優勝者【イルミネージュ】オーナーの下司鮎美さん
恵比寿駅徒歩1分のネイルサロン&ネイルスクール【イルミネージュ】
⇒ http://www.illuminage.jp/

対して私。

「緊張するな、どうしよう」
「どうやって話せばいいかな」
「ちゃんと話せるかな」

挙句の果てに、ちゃんと話せるか不安で他の方の講演中に原稿を確認する始末。
勝負は始まる前から決まっていました。

ひとりの人間としてまだまだ未熟だった気がします。

懇親会にて

懇親会がありました。とりあえず酔っ払いました(笑)

参加者に著名な講演家の方がいらっしゃって、最後の締めにみなさんにメッセージをくださいました。

「自分が伝えたいことを伝えてはいけない」
「聞いているひとが聞きたいことを伝える必要がある」

その言葉に衝撃を受けました。

ニーズを満たすのは商売の鉄則です。
材料は変えなくても、お客様を見て味付けを変える工夫はしなければいけないなと。

「いい経験だった」
で済ませたくない、いい経験でした。

これからますます精進していこうと誓いました。
幸運にもまたお話する機会をちょうだいしています。

11月1日のイベント、ぜひいらしてください。
生まれ変わった佐藤が見られるかもしれません。

【講師依頼】「たのしく、はたらく」を考えよう!
⇒ http://ryoki-blog.net/2014/10/entry3352.html

類似の記事:

人気の記事:

はてなブックマーク - 結局ベクトルがどこを向いているかの話だった。
Pocket