先生、うちの個人情報売ったんですか!?

ベネッセの事件でまた注目されている個人情報。
我々士業もふだんからかなり重要な個人情報を取り扱っています。
取り扱いには注意が必要です。

「先生、うちの個人情報売ったんですか!?」

以前、会社設立のご依頼をいただいたお客様から言われました。
私は何のことやらさっぱりです。

お客様に事情を伺うと…
「税理士からいっぱいDMが届いたよ。先生、税理士さんにうちの個人情報売ったんでしょ?」と。

「あわわわ、違います違います。」
「あれは税理士さんが新設法人のリストを購入して送ってるんですよ。」
と伝えると一応は安心した様子。

「なんだそうだったの。新しい会社の住所知ってるの先生だけだからつい…」
ということで一件落着。私がそんなことするはずがありません(笑)

会社を作るとDMが届きます

早いところだと設立してから一週間ほどで届きます。
私が会社を設立した際にももれなく届きました。

「早い者勝ち」というわけではないと思いますが、最初に届いた会計事務所にお願いするケースが多いということでしょう。
エリアによっては10通以上届くんじゃないでしょうか。

税理士さんだけではなく、事務用品のDMも届きます。
税理士さんのDMはとにかく手が込んでいて勉強になります。

ちなみに新設法人のリストはこういったところから購入できるようです。

【新設法人リスト】
⇒ http://shinsetsu-houjin.jp/

専門家は個人情報を売りませんから安心してください

お客さんがそう思うのも無理ないなと。
言われてはじめて気が付きました。

新しく会社を作った新社長様。
お願いした専門家の先生は個人情報を売るようなことをしませんから安心してください。

類似の記事:

人気の記事:

はてなブックマーク - 先生、うちの個人情報売ったんですか!?
Pocket