第一印象が初対面よりも前に形成される時代

「人は見た目が9割」という本が以前ベストセラーになりました。
今でもこの言葉を引用する方は多いですね。

メラビアンの法則

「人は見た目が9割」というのは「メラビアンの法則」が由来です。

「メラビアンの法則」とは
⇒人の行動が他人にどのように影響を及ぼすのかという研究の結果、話の内容などの言語情報が7%、口調や話の早さなどの聴覚情報が38%、見た目などの視覚情報が55%の割合だったそうです。
この研究を行ったのがメラビアンという方だったそうなので「メラビアンの法則」という名前が付いています。視覚の55%と聴覚の38%、足すと約90%ということで「人は見た目が9割」というタイトルなのだそう。

まあ、これはいいとして(笑)

「第一印象は見た目が大事だよ!」というのは、研究でも明らかってことですね。

なるほど。見た目は大事。うんうん、確かにそう。
でも私は最近気付いたことがあるんです。

「会ったことがないのに、いい印象や悪い印象を持ってるひとがすでにいることに」

第一印象って実は会うもう前にできちゃってるかも…

会ったことがないひとなのになぜでしょう…。

やっぱり「Facebook」でした。

共通の知人がいると友達じゃなくてもコメント欄でよく見かけるひとっていますよね。
あのコメント欄の印象ってかなり強く残ることがあります。

誰かと初めて会ったとき、
「ああ、あの◯◯さんによくコメントしてるひとですよね!」
という挨拶は定番になっている気がします。

つまり、Facebookのコメント欄はよく見られているということです。
会ったことがないのに「いい印象・悪い印象」は自然と形成されてるんですね。

イベントページやグループでの書き込み・コメントも同じことがいえます。
会ったことがなくても見ることが可能です。

そこでの発言は、そのひとの印象を形成するのに充分な役割を果たしています。

初対面にもかかわらず、すでに会ったことがあるかのような感覚…。
それがFacebookの良さでもあり怖さでもあります。

「第一印象」

Facebookは性格がよく出るツールです。
「オフライン=オンライン」
オフラインでどう見られたいかをオンラインで考えなくちゃいけない時代の到来かもしれないですね。

類似の記事:

人気の記事:

はてなブックマーク - 第一印象が初対面よりも前に形成される時代
Pocket