続「急な仕事が入ったため参加できません」

先週のこの記事。
【「急な仕事が入ったため参加できません」は言わない方がいい。】
⇒ http://ryoki-blog.net/2014/08/entry2787.html

かなりの反響がありました。
ここまでの反響は初めての経験です。
このブログの一日のアクセスがおよそ2000でした。

いったい、どういう反応なのか…。
Facebookやツイッターでいくつかシェアされていたので追跡してみました。
やっぱり気になるので…。

結論。

Facebook⇒好意的な反応
「激しく同意」「これは同じ目に遭わないとわからない」

ツイッター⇒否定的な反応
「キャンセルに理由も何もあるかよ」「こいつのイベントなんて誰が行くかw」

興味深いですね。
それぞれのSNSとしての特色がもろに出たような感じです。

賛否両論の意見。
当事者になると受け止め方も違いますね。
今まで「他人の意見」を見てきたわけですが、「自分の意見」となると話は別。

ドキドキしました(笑)
でも、これからもこういう「一石を投じる」記事は書いていきたいですね。

さて…。

「急な仕事が入ったため参加できません」

実はもうひとつ言わない方がいい理由があります。
前回のブログでいっしょに伝えた方がよかったかもしれません。

それは、一度仕事を理由にキャンセルされると…。

次から“心理的”に誘えなくなるんです。

キャンセルする方も、キャンセルしたくてキャンセルしてるわけじゃないと思います。
どうしても仕事を優先せざるを得ない状況になってしまったわけです。
それは仕方のないことです。

しかし、誘う側からすると「一度仕事で断られた」という心理的抵抗が働きます。

「誘ってもまたキャンセルされるかも…。」

それこそ、この不安感は経験したひとじゃないとわからないでしょう。
飲み会を前金にするわけにいかないですしね(笑)

合コンで想像してみてください。
3:3の合コン。

当日「仕事で行けない」と言われたらどうでしょう。
もう誘えなくないですか?

2:2だったらどうするんでしょう。
ひとり来れなくなったらもうそれは合コンではないです(笑)

交流会、飲み会…
イベントは様々ありますが、合コンといっしょです。

目的が、探してる相手が「恋愛か仕事か」の違いだけです。

よく「自分は会に誘われない」と嘆いているひとがいますが、身に覚えはないでしょうか。
※この発言をするひとはたいてい誘うと断ります(笑)

「参加する」と伝えた以上、参加するのがもちろん当然だとは思いますが、キャンセルせざるを得ない場合。
その場合は「どういう理由でキャンセルすることを伝えるか…。」
また「どういう方法で伝えるか…。」

をよく考えてみてください。自分が気づかないうちに大きな損失をしているかもしれません。

類似の記事:

人気の記事:

はてなブックマーク - 続「急な仕事が入ったため参加できません」
Pocket