コミュニケーション能力は必須のスキルである

先ほど山梨県甲府市から帰宅しました。
子どもたちがプレイした「ダイナミズム」
すばらしい内容でした。

それで今日子どもたちのゲームをサポートしていて思ったのですが、結果の出る子となかなか結果に結びつかない子では何が違うのかなあと見ていたらやっぱり「コミュニケーション」でした。

売上を上げ、ヒトを雇い、他社から評価される…。
これらすべての条件を満たしてる子は例外なく「コミュニケーション」が上手。

値段交渉、掛取引、雑談。すべて完ぺき!
感心させられました。
その日にルールを聞いたとは思えない吸収力です。

子どもの頭って本当に柔らかい。
子どもに戻りたい(笑)

…で。

大人の世界の話ですが、コミュニケーション力は本当に必要な能力だと思います。
営業が上手なひとはたいていこのコミュニケーション力がバツグンです。

どんなにいいホームページを作っても、電話で問い合わせが来たときに受け答えが下手くそだと受注できません。
どんなにいい名刺を作っても、名刺交換のときにちゃんと話ができないとマイナスの印象になります。

ヒトとの会話は避けては通れないのです。

ちなみに私は大学四年間ひきこもりでした。
バイトもしたこともありません。

というわけで当然ひどいコミュニケーション力…。
そもそも女性とはまともに話できなかったくらいです。

今でも人見知りは治っていないので初めてお話するときは緊張しますが、普通に会話ができるレベルにまで成長しました。
どうやって克服したかといいますと、結局は「場数を踏む」です。

何かテクニックがあるわけじゃなくてすみません(汗)
私はとにかくヒトに会う努力をしました。

交流会に参加する。セミナーに参加する。個別に連絡して会う。
仲のいいひとに紹介してもらう。

一時期は「交流会に行けば良基さんがいる」と言われたほどです(笑)
おかげで普通に会話できるレベルにはなりました。

私は現状のコミュニケーション力では仕事が取れないという危機感を当時抱いていました。
この危機感・不安は努力で解決するしかないと腹をくくりました。

その結果、自分でイベントなどを主催できるまでになりました。
ヒトと会うことが好きになりました。

ヒトと会うのは凄いストレスでしたけどね…。
交流会の前なんか不安に押しつぶされそうになったり…。
誰も知り合いがいないと隅でちっちゃくなってたり(笑)

もう大丈夫です。

変わりたいと思ったときが本当に変われるチャンスですね。
…て、おとといのブログでも同じこと言ってますね(笑)

類似の記事:

人気の記事:

はてなブックマーク - コミュニケーション能力は必須のスキルである
Pocket