【レポート】起業体験プログラムに登記官役で参加しました!

先日、慶應ビジネススクール「起業体験プログラム」に参加してまいりました。
今日はそのレポートになります。

起業体験プログラムFacebookページ
https://www.facebook.com/Entrepreneurpics
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【起業体験プログラム】
学園祭等で、事業を、傍観者でなく主催者として立上げ、しかも株式会社を設立して、投資家から資本を集め、決算書を作成して監査を受け、株主総会で報告し、収益を分配する、人間本来の自由な全体的感性、創造的構想力と、素直な実行力を回復する研修プログラムです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

主催者の方から
「模擬とはいえ本格的に株式会社を作り経営を学ぶスクールです。」
「司法書士としての経験を活かして株式会社設立のコマの際にはぜひ登記官役をやっていただけないでしょうか?」

というわけでお話をいただいたときは二つ返事で快諾。
私、こういうの大好きなんです(笑)

この「起業体験プログラム」かなり本格的です。

◯仲間作り
◯事業計画作成
◯株式会社設立登記
◯資本調達
◯商品準備・販売準備
◯営業・販売活動
◯決算・監査
◯株主総会・利益配当
◯納税・解散

模擬店でここまでやるって凄い。
約二か月弱の講座で体験できるようです。

私が担当したのは「株式会社設立登記」のコマの登記官役。
いつもは登記を申請する側ですが、初めて申請を受け取る側に…。
気が引き締まります。

書類もかなり本格的です。

起業体験プログラム

私の方からは登記する際にいくつか注意するべき点をみなさまにお伝えしてあとは個別に相談するということに。
実際、司法書士は登記する前に不安な点があれば事前に登記官に相談にいきます。

起業体験プログラム

会社名、事業目的、役員構成、資本金…。
本当にこのまま登記できるんじゃないかと思えるくらいみなさんよく考えられた内容でした。

起業体験プログラム

そして慎重に書類の最終チェック。
登記官の厳しい目が光ります(笑)

起業体験プログラム

書類に不備がなければ登記完了。
登記官がハンコを押します。
※実際の登記はちょっと違います。今回は便宜上です。

起業体験プログラム

約2時間でしたがあっという間に時間が過ぎました。
参加者が感じる疑問も、本当に会社を作ろうと思ってる方と重なる点が多いなあと感じました。

それだけリアルに作られているプログラムだと思います。

起業する方はこれから間違いなく増える傾向にあります。
政府も起業を援助する政策に力を入れ始めました。

いざ起業しようと思ったときにこういった体験講座を受講してるかしてないかというのは経験上とても大きいと思います。
何よりイメージができます。

起業前に起業の専門家と知り合うこともなかなかない経験です。
そういった意味で本当にこのプログラムは凄いなあと思います。

司法書士として、また起業家としてこのプログラムのサポートができたことに本当に感謝しております。
この機会を与えてくださった方々に心から御礼申し上げます。

さて…

今度の土日は山梨県で起業体験ゲームのサポーターとして参加してきます!
小学生が対象ということで今から楽しみです!

こちらもまた後日レポートいたします!

類似の記事:

人気の記事:

はてなブックマーク - 【レポート】起業体験プログラムに登記官役で参加しました!
Pocket