ビジネスモデルと役所

こんにちは。外はかなり暑いですね…。
台風一過独特の気候です…。

今日はひとり事務所と役所についてお伝えします。
なぜ書こうと思ったかというと、今、役所から手のひら返しを食らって途方に暮れているためです(笑)

士業の場合、対役所の仕事がかなり多いです。
役所は決まった時間しか開いていません。

だから、その「決まった時間」に拘束されることが多いんです。
役所が開いてる時間内に申請に行ったり、相談に行ったり。

平日はどうしても対役所の仕事に追われてしまいがち。
それではひとり事務所経営もなかなか大変です。

というわけで、時間をなるべく有効に使おうと思ったら、この対役所の仕事をなるべく自分でコントロールできるようにしなければいけないと思います。
ビジネスモデルの中に「役所」が存在しないビジネスを作ることが安定的な時間と収益を得るためには必要なんじゃないか、ということです。

コンサルティングやセミナー、物販など役所が絡まない業務はいくつもあります。
ひとり事務所の場合、時間管理がかなり重要ですからね。

あと役所とケンカしたくないですよね(笑)

類似の記事:

人気の記事:

はてなブックマーク - ビジネスモデルと役所
Pocket